ここから本文です

与田監督に成長した姿を!! DeNAの浜矢広大が楽天から移籍後初の1軍先発 23日の中日戦で敵将に警戒レベルを上げさせる

2/20(木) 18:42配信

中日スポーツ

 DeNAの浜矢広大投手(26)が23日の中日とのオープン戦(北谷)に先発する。昨年の開幕前に楽天から加わった左腕にとって、1軍での先発は移籍後初。楽天時代には、投手コーチだった与田監督から3年間指導を受け「与田さんに成長した姿を見せたい」と意気込んだ。

【写真】権藤博の教えない教え

 昨年は、2軍で先発も含めて25試合に登板し1勝6敗2セーブ。1軍では救援2試合のみで、防御率32・40と結果を残せなかった。巻き返しの転機になったのは、オフに参加したメキシコでのウインターリーグ。7試合に先発し3勝、防御率1・44と安定した成績を残した。メキシコ人投手からチェンジアップを教わり、肘を上げるように意識。「初めてノースローの時期をつくらず投げ続けてきて、低めに強い球が行くようになった」という。

 沖縄・宜野湾キャンプでも存在感を示し、オープン戦とはいえ、先発に抜てきされた。「今年はいい状態できている。チャンスをいただいたので、初球から100%力を出し切りアピールしたい」。敵将が警戒レベルを上げるほどの投球ができれば、教え子としては最高だ。

最終更新:2/20(木) 18:42
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事