ここから本文です

娘がいよいよ公立中学校へ!入学までの合計額151,015円。内訳を公開

2/20(木) 19:55配信

LIMO

小学校6年生のお子さんがいるおうちは、制服を買いに行くことと思います。試着している我が子の姿を見て「ああ、大きくなった、立派な中学生ね」と感激します。同時に「制服を買うだけじゃなくて、他にも買わなきゃならないものがある…お金が飛ぶようになくなる、トホホ」とも思ってしまいます。

筆者の娘も、この4月に公立中学校に入学します。上に2人の娘がいたので公立中学入学準備は3回目です。なので概要は分かっていますが、2回ともお金を出すことに忙しく「あれ? 結局、何にいくら使ったんだっけ?」と思いながら終わってしまいました。今回は前回、前々回の教訓を生かし、何にいくら使ったか? を洗い出し、予算化しました。(それでも抜け落ちているところがありました)

公立中学入学までに、一体いくら掛かっているのか? 渾身のレポート、お伝えします! 

1.「制服まわり」だけでも約100,000円!

筆者の娘の中学入学準備は、制服購入から始まりました。早めに注文に行くと、早めに出来上がります。忙しくても時間を作って早めに注文することをおススメします。

ジャケット 21,890円
冬スカート 13,970円
ネクタイ 2,200円
ニットベスト 5,940円
夏スカート 13,090円
ポロシャツ 10,890円(学校指定のものを制服屋さんで購入、3枚、3,630円/1枚)
上履き 3,850円 (学校指定のものを制服屋さんで購入)
長袖シャツ 6,540円(3枚、2,180/1枚、通販で購入)
くろぱん 1,650円 (3枚、550円/1枚、通販で購入)
スニーカー 6,600円 (通学用、ローファーでも可、靴屋さんで購入)
ダッフルコート 7,980円 (通販で購入)
ソックス 3足組 798円(通販で購入)
カーディガン 3,839円 (通販で購入)

小計「制服回り」 99,237円

制服だけあれば通学できるわけではありません。「黒パン」といって、スカートの下の履く「オーバーパンツ」は女子の必須アイテムです。

ここまで細かく計算したことがなかったので「こんなに掛かっていたなんて!」というのが正直な感想です。長女が入学するときに先輩ママから「入学に掛かる費用はだいたい60,000円だよ!」と聞いていたので「そうか、それくらいか!」とその数字を信じ続けていましたが、現実は違いました(笑)。確かに制服代だけならそれくらいで済みますが、制服回り全体では約100,000円掛かることが判明しました。

しかし、節約もできます。ワイシャツは、制服販売店ではゼロケアシャツ(本当にノンアイロンのシャツ)が約3,000円でしたが、通販で同じ機能のものを2,000円で購入できました。また、ノンアイロンにこだわらなければ、通販で1,000円前後で買うこともできます。ただ、その価格帯のものはアイロンが必須ですので、手間がかかります。手間をかけて安く済ますか? 手間をかけないために割高なシャツを購入するかは、親の胸算用次第です。

なお、夏のスカートや半袖シャツ、冬に着るダッフルコードやカーディガンはすぐに買う必要はありませんが、必要な季節に慌ててお金の算段をしなくていいように「予算化」することがポイントです。

1/2ページ

最終更新:2/20(木) 21:05
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ