ここから本文です

ミニストップが一時▲5%超安の急落! 日経平均株価は5日ぶり反発

2/20(木) 7:15配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は5日ぶり反発、TOPIXは力強さ欠くも8日ぶり反発

2020年2月19日(水)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 23,400円(+206円、+0.9%) 5日ぶり反発
 ・TOPIX 1,671.8(+6.1、+0.4%) 8日ぶり反発
 ・東証マザーズ株価指数 830.1(+21.5、+2.7%) 4日ぶり大幅反発
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:1,245、値下がり銘柄数:801、変わらず:114
 ・値上がり業種数:18、値下がり業種数:15
 ・昨年来高値更新銘柄数:9、昨年来安値更新銘柄数:65
東証1部の出来高は11億3,397万株、売買代金は2兆1,108億円(概算)となり、いずれも前日並みでした。

前日の“アップルショック”が一段落し落ち着きを取り戻したものの、様子見スタンスを維持する投資家も多かったようです。売買代金は前日とほぼ同じであり、なんとか2兆円台を維持しています。

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移しました。4日続落で一部銘柄に値ごろ感が出たことに加え、新型ウイルス肺炎を過度に懸念する動きも少なくなりました。

前場の半ばに一時+41円高と伸び悩みましたが、後場の半ばには一時+274円高まで上昇する場面も見られています。最後はやや失速しましたが、それでも+200円超の上昇で5日ぶりに反発しました。

なお、TOPIXも同じような値動きで終わり、実に8日ぶりの反発で引けています。ただ、上昇率は日経平均株価を大きく下回り、力強さに欠けたと言えましょう。

東証マザーズ株価指数は4日ぶり反発、売買代金は22日連続で1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は6,822万株、売買代金811億円となりました。出来高は前日より減少しましたが、売買代金は概ね横ばいでした。個人投資家の物色意欲の回復が鈍く、売買代金は22日連続で1,000億円を下回っています。

ただ、株価指数は+3%高に迫る大幅上昇となり、4日ぶりの反発となりました。これで800ポイント割れはいったん回避したようですが、先行きはまだ注意が必要です。

1/2ページ

最終更新:2/20(木) 7:15
LIMO

チャート

東京エレクトロン8035
22645円、前日比-295円 - 4/10(金) 15:00

チャート

アドバンテスト6857
4570円、前日比-35円 - 4/10(金) 15:00

チャート

SUMCO3436
1453円、前日比-28円 - 4/10(金) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事