ここから本文です

離婚が身近でなかった時代の妻たちは、結婚生活の苦痛とどう向き合ったか

2/20(木) 11:15配信

LIMO

離婚率は減少傾向だが、妻からの申し立ては増加

2018年に結婚したカップルは58万6438組、離婚は20万8333組です(厚生労働省)。単純に計算すると、約36%の離婚率になり、一般的にも「3組に1組が離婚」と言われたりしています。

ただ公式な離婚率は、人口1000人当たりで計算されるので、約1.7‰(パーミル)となります。

離婚率は02年をピークに減少傾向にあります。必ずしも昔は離婚が少なかったというわけではなく、明治中期ごろまではむしろ現在より高い離婚率となっていたようです。減少する離婚率ですが、妻からの離婚率となると、また違う数字になるのではないでしょうか。

裁判所に申し立てられた件数を見ると、06年から16年の10年間で、夫からの申し立ては1万9730から1万8134件と微減しているのに対し、妻からは4万5440から4万8351件と増加しています(司法統計)。

数字はさておき、妻たちにとって離婚が身近になったのは、やはり近年になってからと言っていいのではないでしょうか。なぜなら、妻が経済力を持つようになったのはそう古いことではないからです。

経済力がなければ、離婚なんて絵空事でしかありません。どんなに日々の生活が苦痛だったとしても、です。

「男に逃げられる」と言われ、「いいよ」と答える妻

妻からの離婚が身近でなかった時代は、社会も男性に寛容なところがありました。夫のわがままを許さない妻は、心が狭いとする風潮さえないわけではありませんでした。

そもそも妻たちは、離婚すれば生きていくことが難しかったのです。限界ぎりぎりまでの我慢を妻に強いても、離婚をさせないような社会であったのでしょう。

筆者の周辺でも、離婚の恐怖におびえる妻の話はそう珍しいことではありませんでした。思い出すのは、対照的な二人の妻です。一人は、妻の役割を捨て、母親の役割を選びました。

生まれたときから羽布団にくるまって育った夫に対して、妻はごく普通の農家育ち。遠縁ではあるのですが、家柄の違いは結婚生活にも響きました。

学術的な会話しかしない夫、難しいことには全く興味のない妻。食生活の違い、つきあう人の違い、つきあい方、何から何まですれ違ったそうです。やがて、夫が帰宅しない日が増えていきました。

周囲は、妻にこう言ったそうです。

「ご主人に合わせていかないと、追い出されるよ」
「少しはおしゃれして、もう少し上品にしないと、男に逃げられても文句は言えない」

そして最後は、必ずと言っていいほど、こう締めくくりました。

「ご主人がいなくなったら、奥さんは生きていけなくなるんだから」

妻の答えは、決まっています。

「出て行ってもいいよ。いらないから」

妻も、夫の家柄や生活レベルに合わせようと努力した時期はあったそうです。しかし、戦後の経済変革に伴い、田畑が大幅に減少し、生活費の大半を夫の給料で賄わなければなくなったのです。この時点で妻は、夫の生活レベルに合わせるのをやめたそうです。

このご夫妻は100歳近い長寿だったのですが、離婚せず添い遂げています。晩年になっても、夫はスラリとした長身でダンディでした。妻は、誰とでも気軽に話し、姿も話題も飾らず庶民的でした。

1/2ページ

最終更新:2/20(木) 12:50
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事