ここから本文です

中川大志&石井杏奈W主演 『砕け散るところを見せてあげる』SABU監督で実写映画化

2/20(木) 5:00配信

クランクイン!

 竹宮ゆゆこの小説『砕け散るところを見せてあげる』(新潮文庫nex)が、俳優・中川大志と女優・石井杏奈のダブル主演、SABU監督により映画化され、PG12指定で5月8日より全国公開されることが決まった。

【写真】映画『砕け散るところを見せてあげる』フォトギャラリー


 本作は、常識を覆す全く新しい衝撃の愛の物語。アニメ『とらドラ!』『ゴールデンタイム!』で知られ、言葉の軽快さで10代特有の空気感を表現して各世代から支持を集める竹宮にとって初の実写映像化作品となる。主人公・濱田清澄役を中川、もう1人の主人公・蔵本玻璃役を石井がそれぞれ演じる。2人の共演は映画『四月は君の嘘』(2016)以来、およそ4年ぶり3回目。 共に“砕け散る”ほど体当たりな鬼気迫る演技を見せる。

 大学受験を控えた普通の高校三年生で、人よりも正義感が強い濱田清澄(中川)は、学年一の嫌われ者・高校一年生の蔵本玻璃(石井)がいじめを受けている現場をたまたま目撃し、その正義感の強さから彼女を助ける。それがきっかけで、いじめ問題から玻璃を救おうと試み、次第に玻璃との心の距離も縮まっていくが…。

 中川は、本作への出演が決まった際の感想を「自分が今までやった事のない色の作品を、SABU組の一員として作れるんだという喜びがありました」と語る。かなり挑戦的な鬼気迫るシーンもあったとのことで、「限界の先のゾーンに自分のギアを持っていき、かなりの量のアドレナリンを分泌しながら演じました。自分でも見た事のない顔が作品の中に残ったと思います」と撮影を振り返る。

 SABU監督については「SABUさんが常に僕ら俳優に寄り添ってくださり、ワンカットワンカット丁寧に、そして情熱的に撮影に臨めたとても充実した時間でした」、共演の石井については「中学2年生で初めて共演して以来、3回目の共演で、同い年の石井さんとは、安心感がありました。玻璃という難役に果敢に挑んでいる姿が頼もしかったです」と絶賛している。

 一方、石井は「玻璃の気持ちに共感し、同じ想いを持ちながら演じることができました。どのシーンも凄く濃くて、大変な撮影も楽しいと感じられる程とても好きな役でした」とした上、挑戦的なシーンについては「かなり命がけでした!後先考えず、今だけを見て、全力で必死にぶつかりました。なので、毎日大きな達成感と大きな疲れにあふれて、幸せでした」と語っている。

 原作者の竹宮は「試写が終わって、明かりがついても、私はまだ目を見開いたまま一人震えていました。スクリーンいっぱいに広がる銀河は、ただひたすらに、美しかった。今もこの目の裏に焼き付いて、キラキラと輝き続けています」とコメントしている。

 映画『砕け散るところを見せてあげる』は5月8日より全国公開。

最終更新:2/20(木) 5:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ