ここから本文です

英ヘンリー王子夫妻、高位王族を退く日が決定 4月からの活動内容とは

2/20(木) 11:52配信

クランクイン!

 2020年に入ってすぐに英王室からの離脱を発表したヘンリー王子とメーガン妃。エリザベス女王の承認を得て、今春までに全ての公務から引退し、王族の称号を返還すると報じられていたが、その日が3月31日になることが正式決定したという。

【写真】激カワ! ヘンリー王子&メーガン妃の愛息子アーチーくんの成長を見る


 Peopleによると、ヘンリー王子夫妻のスポークスパーソンから発表があったという。バッキンガム宮殿に構えていたオフィスはなくなり、4月1日からはヘンリー王子夫妻が発足するイギリスのチャリティ財団がベースになるとのことだ。バッキンガム宮殿のオフィスに関しては、15人いるスタッフを全員解雇すると報じられていた。

 代理人はヘンリー王子夫妻の今後の活動について、「公爵夫妻が支援する既存の団体と密に連携し、年間を通した活動をイギリスとコモンウェルスで計画すると共に、新しい非営利団体の発足に向けてミーティングを重ねています」とコメント。「公爵夫妻は引き続き、コモンウェルス、コミュニティ、若者のエンパワーメント、メンタルヘルスに関わる活動に尽力する予定です」とのことだ。

 ヘンリー王子夫妻が王室を離れて仕事面でも財政面でも独立する上でまとめられた取り決めは前例がないため、全関係者にとって問題のないものか、12ヵ月後に経過のレビューを行うという。そこで必要があれば、取り決めの内容を再調整することになるようだ。

最終更新:2/21(金) 18:37
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ