ここから本文です

ホンダ「シビックタイプR」のリアウイングが無い!? 見た目が大人しい「スポーツライン」登場

2/20(木) 19:10配信

くるまのニュース

日本仕様にはない機能も! ホンダ新型「シビックタイプR」の欧州仕様とは?

 ホンダのFFスポーツカー「シビックタイプR」がマイナーチェンジされますが、2020年春に発売される欧州仕様の詳細も明らかになりました。

【画像】ウイングがない! 黒シートでちょっと大人な「シビックタイプR」とは?(34枚)

 日本では同年夏発売とされていますが、欧州と日本では仕様が少し異なるようです。一体どのようなクルマなのでしょうか。

 日本と欧州(ドイツ)で共通なのは、「サーキット性能」「一体感・ダイレクト感」「ドライビング空間」が進化する点です。

 新型シビックタイプRは、フロントグリル開口部の大型化によるエンジン冷却性能の改善や、足回りなどのチューニングによるコーナリング性の向上、シフトノブの形状変更やホンダ初となるフルアルカンターラ表皮のステアリングによる操作性のアップなどを実施。

 スポーツカーとしての本質と操る喜びをさらに進化させるべく、これまでのタイプRのマイナーチェンジでは踏み入れてこなかった領域にまで改良がおこなわれました。

 また、運転支援システム「ホンダセンシング」が全車標準搭載となり、安全性も向上しています。

 そして、イエローのボディをまとった限定車「リミテッドエディション」が発売されます。日本では200台限定で2020年秋に発売予定ですが、欧州では100台限定で夏に発売されることになります。

 日本仕様と異なる点は、「アクティブサウンドコントロール(ASC)」が搭載されることです。アクティブサウンドコントロールとは、モードによって車内で聞こえるエンジン音を、オーディオのスピーカーを介して変化させる機能です。

「スポーツ」「+R」でアグレッシブな運転中にはエンジンサウンドを強化、「コンフォート」で走行中にもエンジンサウンドが調整されます。

 さらに、ホンダ初の「HondaLogR」が装備されます。新型シビックタイプR専用のパフォーマンスデータロガーで、オンボードコンピューターとセンサーをスマートフォンアプリと組み合わせて、ドライバーがさまざまなパフォーマンスパラメーターを監視・記録できるようになります。

 タイプRのオンボードコンピューターにアクセスするので、サードパーティのパフォーマンスアプリよりもはるかに詳細な情報を記録することができるといいます。

 Honda LogRには、パフォーマンスモニター、ログモード、オートスコアモードのおもに3つの機能を備えています。

 パフォーマンスモニターは、アプリの機能中に、ディスプレイオーディオの表示画面で車両情報をドライバーに提供。ログモードは、トラックでラップタイムを記録し、ドライバーが運転スキルを向上できるようにします。

 オートスコア機能は、ブレーキ、加速、ステアリング、直線運転を監視し、スムーズアルゴリズムに基づいてスコアを生成することにより、日々のスムーズな運転を促進します。

 運転中、Honda LogRとのやり取りはすべて、ディスプレイオーディオ画面を介しておこなわれます。

 なお、日本では、純正ナビの需要が高いことから、ディスプレイオーディオを利用するHonda LogRの搭載は見送られました。

 新型シビックタイプRはドイツで2020年春に発売予定で、価格は4万1990ユーロから、日本円で約504万円です(1ユーロ=120.19円、以下同様)。

 さらに日本仕様と異なるのが、より快適な走行性能を目指した「スポーツライン」とよばれるグレードが設定される点です。

 シビックタイプR スポーツラインは、欧州では「シビックタイプR GT」と呼ばれる標準モデルの血統と卓越したドライビングダイナミクスを持ちつつ、控えめなスタイリングと洗練された乗り心地を備えたモデルです。

 標準モデルに装着されている大型リアウイングの代わりに、ローデッキリアスポイラーを採用。スポーティなスタイリングを実現しながら、より落ち着いたシルエットを演出しました。

 また、標準モデルでは車体下部に赤いラインが走っていますが、スポーツラインではグレーのアクセントラインになります。

 19インチホイールに組み合わせるタイヤとして、快適性を重視したミシュラン パイロットスポーツ4Sを選択(標準モデルのタイヤはコンチネンタル スポーツコンタクト6)。ブーツとテールゲートの防音材を追加することで、騒音や振動、粗さを改善しています。

 内装は、新型モデルから採用されるアルカンターラのステアリングホイールやティアドロップ型のシフトノブは標準モデルと同様に装着されますが、フロントシートは赤いステッチが施されたブラックのバケットシートに変更されました。

 新型シビックタイプR スポーツラインも同様にドイツで2020年春から発売され、価格は4万1490ユーロから、日本円で約498万円です。

くるまのニュース編集部

最終更新:2/20(木) 22:20
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ