ここから本文です

<バレーボール>キム・ヨンギョン、「最後の五輪…必ず良いチャンスをつかむ」

2/20(木) 11:40配信

WoW!Korea

韓国女子バレーボール代表チームの“看板”キム・ヨンギョン(31/トルコ・エジザージュバシュ)が自身の3度目のオリンピック(五輪)の舞台であり、最後の大会である2020東京五輪へ向けた強い意志を示した。

キム・ヨンギョンのプロフィールと写真

 先月韓国入りし、3週間の治療及びリハビリに集中していたキム・ヨンギョンは20日、トルコに向け出発した。

 キム・ヨンギョンは先月、タイで開催された2020東京五輪最終予選中に負傷。結局トルコリーグシーズン中に韓国に戻り、治療を受けた。1か月間の空白などによりチームとの契約書などを再び作成し、一部年俸削減を甘受する状況も迎えた。

 キム・ヨンギョンは「五輪に出場しうれしいが、負傷などで多くを失った」としながらも「常に夢に見ていた五輪の舞台にまた出ることができるとう思いで耐えている」と述べた。

 2012ロンドン五輪で4位、2016リオ五輪で8強進出をけん引していたキム・ヨンギョンはまだ叶えられずにいる”五輪メダル”を夢見ている。

 キム・ヨンギョンは「ロンドンでは何もわからなかったならば、リオでは情熱だけがあふれていた。今は余裕ができ、もっと良い姿をお見せしたい。時差などの影響もないので、良いチャンスだ。チャンスをしっかりつかんで良い結果を得たい」と力強く語った。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

最終更新:2/20(木) 11:40
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事