ここから本文です

大舞台でボールボーイが勘違い…試合が一時中断、スタッフの優しいフォローも

2/20(木) 10:30配信

超WORLDサッカー!

プレミアリーグの試合で珍しい事態が起こり、試合が中断してしまった。

事件が起こったのは、19日に行われたプレミアリーグ第26節延期分のマンチェスター・シティvsウェストハムの一戦。ボールボーイを務めた少年の勘違いが、試合を中断させてしまった。

【動画】失態のボールボーイ、スタッフの優しさにサムズアップ

シティが1-0とリードして迎えた54分、カウンターから一気に攻め立てると、ボックス中央でパスを受けたセルヒオ・アグエロがそのまま持ち出しシュート。しかし、このシュートは枠を外れ、流れて行ってしまった。

無人の広大なスペースに流れたボールを処理しようと、左コーナー付近にいたボールボーイの少年がボールを拾い上げたが、この行為がまずかった。

ゴールラインを越えたかに思われたアグエロのシュートだったが、実はラインを割っておらず、インプレー。少年はプレーに関与してしまったのだ。

もちろん、誰も選手がおらず、少年が触らずともボールはタッチラインを割っていたことは明白だが、そこはルール。ウェストハムのスローインがドロップボールで再開という不思議な現象になり、少年の行動を見ていなかった選手は困惑。主審のケビン・フレンド氏が状況を説明した。

大舞台での失態に気を落としてしまった少年だったが、シティのスタッフがそっと駆け寄り、少年を慰める行動に。主審のフレンド氏が「大丈夫だ」と言わんばかりのサムズアップを示すと、少年もサムズアップで応じた姿は、SNS上でも話題となっていた。

なお、試合はシティが2-0で勝利。少年の失態の影響なく勝利を収めていた。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/20(木) 10:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ