ここから本文です

サッシャ・フェネストラズが3月のフォーミュラEテストにジャガーから参加「以前から目をつけていた」とチーム

2/20(木) 21:06配信

オートスポーツweb

 2020年シーズンはスーパーGT GT500クラスと全日本スーパーフォーミュラ選手権を戦うサッシャ・フェネストラズが3月1日にモロッコで行われるABBフォーミュラE選手権のルーキーテストに参加する。当日はパナソニック・ジャガー・レーシングのジャガーI-タイプ4をドライブする。

【写真】メキシコ大会を制したミッチ・エバンス(ジャガー・パナソニック・レーシング)

 2019年に全日本F3選手権でチャンピオンを獲得し、“シリーズ最後の王者”に輝いたフェネストラズ。2020年はスーパーGTではTGR TEAM au TOM’Sの36号車au TOM’S GR Supra、スーパーフォーミュラではKONDO RACINGの4号車をドライブする。

 そんなフェネストラズが電動フォーミュラレースの最高峰、フォーミュラEのルーキーテストに参加してシリーズデビューを果たすことになった。

 ルーキーテストでサッシャが加わるパナソニック・ジャガーはシーズン3からフォーミュラEを戦っているチームで、これまで41戦に出場し、2度の優勝と6度のポディウムを獲得している。

 2019/20年シーズンではミッチ・エバンスとジェームス・カラドのふたりを起用して戦っており、先日のメキシコシティE-Prixではエバンスが優勝を飾ったばかりだ。

「サッシャをルーキーテストで起用できることをうれしく思う。彼には以前から注目していたんだ」と語るのはチームディレクターのジェームズ・バークレー。

「マラケシュではテストで徹底的に走り込んでもらう。フォーミュラEのルーキーテストは、若き才能に実力を証明する機会でもあるが、チームのマシン、我々の場合はI-タイプ4の開発を後押しする場でもあるんだ」

 フェネストラズは「これまで電動レースカーをドライブした経験はないから、今までとはまったく違う体験になるだろう。とにかくマラケシュに行くのが待ち遠しいよ」と期待感を示している。

 このルーキーテストにはフェネストラズのほか、ジョエル・エリクソン(GEOXドラゴン)、トーマス・プレイニング(TAGホイヤー・ポルシェ)、フレデリック・マコヴィッキ(TAGホイヤー・ポルシェ)、女性ドライバーのアリス・パウエル(エンビジョン・バージン・レーシング)、ジェイミー・チャドウィック(パナソニック・ジャガー・レーシング)も参加する予定だ。

 また唯一の日本チームであるニッサン・e.ダムスではリザーブ兼テストドライバーの高星明誠、シミュレータードライバーのヤン・マーデンボローを起用する。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2/21(金) 10:30
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ