ここから本文です

1日に2万セット、医療現場を支える防護服製造ライン 中国・河北

2/20(木) 9:00配信

CNS(China News Service)

【CNS】新型コロナウイルスの感染が拡大する中国の河北省(Hebei)石家荘市(Shijiazhuang)にある医療用防護服メーカー「際華3502職業装」第二分工場の生産ラインで働く従業員ら。

【写真】医療用防護服のスーパー工場

 国務院国有資産監督管理委員会の広報部門によると、大型国有企業である「新興際華集団(Xinxing Cathay International Group)」は14日、医療用防護服4万4000セットを生産。この日の全国の生産量の約3分の1に達した。

 その子会社である「3502」の当日の生産量は2万セットに達し、全国の6分の1を占めた。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:2/20(木) 9:00
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ