ここから本文です

米フォートレス、マウントゴックス債権買い取り価格の引き上げ提示

2/20(木) 12:04配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ソフトバンクグループ傘下の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループは、破綻した仮想通貨ビットコイン取引所「マウントゴックス」の債権買い取り価格の引き上げを提示した。

この件について発言する権限がないとする関係者1人からブルームバーグ・ニュースが入手した提案書によると、フォートレスは今週、1ビットコイン当たり1300ドル(約14万4600円)の支払いを申し出る書簡を債権者に送った。これは推定口座価値の88%に相当する。フォートレスは12月にも755ドルでの買い取りを提案していた。

日本を拠点とするマウントゴックスはかつて世界最大のビットコイン交換業者だったが、ハッキングを受け多数の顧客のビットコインを消失し2014年に破綻した。その後に数千のビットコインを取り戻し、管財人が債権者への返済を進めているが、弁済手続きは訴訟により延期されている。

ビットコインは年初来で約40%上昇し、1万ドルを突破した。

原題:Fortress Said to Increase Offer to Purchase Mt. Gox Claims(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Olga Kharif

最終更新:2/20(木) 12:04
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ