ここから本文です

【高校受験2020】宮崎県立高、一般入試の志願状況(2/19時点)宮崎西・理数1.47倍

2/21(金) 13:15配信

リセマム

 宮崎県教育委員会は2020年2月19日、2020年度宮崎県立高等学校入学者選抜における一般入学者選抜の志願状況(志願変更前)を発表した。全日制の課程は4,816人が出願し、倍率は0.90倍。学校別では、宮崎西(理数)1.47倍、宮崎大宮(文科情報)1.92倍など。

一般入学者選抜の志願状況(志願変更前)

 2020年度宮崎県立高等学校入学者選抜の一般入学者選抜は、2020年2月17日から願書を受け付け、19日に締め切った。志願変更前の状況は、全日制の課程の合計募集人員5,331人に対し、志願者数が4,816人。志願倍率は0.90倍で、前年度より0.07ポイント減となった。

 各学校の志願状況をみると、宮崎西(普通)1.01倍・宮崎西(理数)1.47倍のほか、延岡(普通)1.01倍・延岡(メディカル・サイエンス)1.12倍、宮崎大宮(普通)0.85倍・宮崎大宮(文科情報)1.92倍、宮崎南(普通)0.95倍・宮崎南(フロンティア)1.86倍、都城泉ヶ丘(普通)1.04倍・都城泉ヶ丘(理数)1.48倍など。

 一般入学者選抜の志願変更は、2020年2月21日および25日に受け付ける。3月4日に学力検査、5日に学力検査・面接を実施。一般および推薦・連携型入学者選抜の合格者は、3月18日に発表される。

リセマム 黄金崎綾乃

最終更新:2/21(金) 13:15
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事