ここから本文です

浄土平~酸ケ平、酸ケ平~一切経山 GW前にも解除へ 吾妻山規制

2/21(金) 10:35配信

福島民報

 吾妻山(福島、山形両県)の登山道で続く通行規制について、吾妻山火山防災協議会は二十日、今春の大型連休前にも一部ルートの規制を解除する方針を決めた。雪解け後に現地で安全確認した上で解除日時を決定する。

 二十日に県庁で開かれた吾妻山、安達太良山、磐梯山の各火山協議会の合同会議で決めた。規制解除の対象は浄土平から酸ケ平、酸ケ平から一切経山の二つのルートで、火山活動の低下傾向を踏まえて決めた。一方、浄土平と一切経山を結ぶ「直登ルート」は熱活動が続く大穴火口に近いルートのため規制を継続する。

 登山道の規制は吾妻山の噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられ、火口から半径一・五キロへの立ち入りが規制された二〇一八(平成三十)年九月に始まった。

 合同会議には県や市町村、気象庁など関係機関、火山専門家らが出席した。

最終更新:2/21(金) 10:35
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ