ここから本文です

シミュレーター担当はつらいよ……オコン、メルセデスでの”激動”の1年を語る

2/21(金) 13:02配信

motorsport.com 日本版

 ルノーのレギュラードライバーとしてF1に復帰するエステバン・オコンは、メルセデスのリザーブドライバーを務めた2019年を振り返り、激務で身体が”破壊”されてしまったと明かした。

【ギャラリー】各チームの新車を一気見! F1プレシーズンテスト初日:厳選ショット集

 2018年限りでレーシングポイントのシートを失ったオコン。2019年はメルセデスのリザーブドライバーを務めながら、シミュレーター作業も担当していた。

 そのため、彼はファクトリーからレースが開催されているサーキットまで急行しなければならないことがよくあったという。

「肉体的に非常に厳しいシーズンだった」と、オコンは語った。

「丸二日間寝ていないこともあったし、とてもクレイジーだった。僕の移動量もそうだし、シミュレーターで作業した時間の多さもそうだ。それ(シミュレーターでの作業を終えて)からトラックに行ったこともあった。メルセデスのために色々なことをした。彼らは僕をうまく使ってくれたけど、その量はすごかった」

「だから正直に言って、アブダビでのタイヤテストが終わってから行なったトレーニングキャンプは、これまでで最も軽いキャンプになった。僕は1年で、根本的に破壊されてしまっていたんだ」

 そんな状態だったにもかかわらず、オコンはこれまでにないほど充実した態勢で、新たなシーズンに臨めると確信しているようだ。

 身長186cmのオコンは、F1ドライバーの中で最も身長が高いドライバーのひとりだ。だが、2019年にドライバーの最低体重が決められたことで、オコンは過酷なダイエットをせず、筋肉をつけることができるようになったという。

「僕はピレネー山脈にある高地トレーニングキャンプでオフを過ごした。以前もそうだったけど、今回はそれ以上の時間を過ごしたんだ。トレーニングを1月5日か6日からスタートするんじゃなくて、2日からそこにいた。12月23日はクリスマスを過ごすために戻ったけど、24日にはキャンプにいたんだ」

「冬の間ずっと家に戻らず、ファクトリーに行き来していた」

「そして、僕は目標を達成した。2カ月で4.5kgも筋肉を増やせたんだ。だから、僕は自分の進歩に満足している。開幕に向けて、しっかりとした基盤を作れた」

Valentin Khorounzhiy

最終更新:2/21(金) 13:02
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ