ここから本文です

ジェイコブ・トレンブレイ、“文通相手”憧れのスターの出演ドラマに絶叫

2/21(金) 19:00配信

cinemacafe.net

人気TV俳優と彼に夢中な少年の秘密の文通を軸に、グザヴィエ・ドラン監督自身が集大成と語る“人生の真実”を描いた愛の物語『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』。この度、ジェイコブ・トレンブレイ演じる少年ルパートが“秘密の文通相手”の憧れのスター、ジョンの出演ドラマに絶叫交じりに大興奮する本編映像が解禁された。

【画像】ナタリー・ポートマン×ジェイコブ・トレンブレイ、かつての天才子役と現在の天才子役が母子を演じることにも注目



今回公開された映像は、『ルーム』『ワンダー 君は太陽』で映画ファンの心を鷲掴みにする演技力を魅せたジェイコブ・トレンブレイの熱演ぶりが明らかになる本編映像。

主人公の人気俳優ジョン(キット・ハリントン)が出演するテレビドラマ「ヘルサム学園」の映像からスタート。ツッコみを入れながらテレビを見て笑い、息子の帰りを待つ女性は、ジョンと“文通”を続ける少年ルパートの母親サム(ナタリー・ポートマン)。そんな中に、本作のもう1人の主人公のルパートが大急ぎで家に帰ってくる。


母サムとアメリカからロンドンに引っ越してきたばかりのルパートは、将来ジョンのような有名な俳優になることを夢見る子役少年。子役をしていることから、学校では少し浮いた存在として周りに扱われるルパートにとって、ジョンが出演する人気ドラマ「ヘルサム学園」を見ることは何よりの楽しみだった。


ルパートは「ただいま」の一言も言わずに、靴を履いたままリビングに滑り込み、「どんな展開なの?」と母を質問責めに。展開を説明するサムを見向きもせず、画面の中のジョンにくぎ付けのルパートは、憧れのスター、ジョンの一挙手一投足に大騒ぎ。ドラマのOPクレジットが始まると、ルパートの興奮度はさらにアップ。「すごい、すごい、すごいよ!」と叫びながら、「僕はこの瞬間のために生まれた!」と叫び、画面の中のジョンに大興奮しながら、しまいには絶叫。そんなジェイコブ渾身の演技は、ルパートがいかにジョンに心酔しているかがよく分かる熱演。そんな息子に「声が大きい」と注意しながらも、微笑みながら息子を見守るナタリー演じる母サムの姿も印象的な映像となっている。

ルパートを演じたジェイコブは、「ルパートは大好きなジョンに憧れて大スターになることを夢見ています。そして、ジョンとルパートの二人は、月に1~2度の手紙のやりとりを通して、お互いのことを『自分の本音を話すことができる唯一の人間』だと思い始めるんです」と、自身が演じたルパートの夢と、ジョンとルパートの関係性について語っている。


『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』は3月13日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

最終更新:2/21(金) 19:00
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ