ここから本文です

【高校受験2020】新潟県公立高、一般選抜の志願状況・倍率(2/21時点)新潟南(理数コース)1.87倍

2/21(金) 19:30配信

リセマム

 新潟県教育庁は2020年2月21日、2020年度(令和2年度)新潟県公立高校一般選抜の志願状況・倍率を発表した。学校別の倍率は、新潟(理数)2.17倍、新潟(普通)1.18倍、新潟南(理数コース)1.87倍など。志願変更は2月26日から28日午前11時まで受け付ける。

一般選抜志願者数・倍率

 新潟県公立高校一般選抜は、出願を2月19日から21日午前11時まで受け付けた。全日制の出願状況は、一般選抜募集人員1万3,172人に対し、志願者数は1万4,129人で、志願倍率は1.07倍。

 全日制課程における各学校の志願倍率は、新潟(普通)1.18倍、新潟南(理数コース)1.87倍、新潟南(普通)1.33倍、高田(理数)1.02倍、高田(普通)1.08倍、長岡(理数)1.05倍、長岡(普通)1.32倍。

 もっとも倍率が高かったのは、新潟(理数)2.17倍。そのほか、倍率が高かったのは新潟商業(総合ビジネス)1.91倍、新潟南(理数コース)1.87倍、市立万代(英語理数)1.80倍、新発田(理数)1.67倍など。

 一般選抜は今後、2月26日から2月28日午前11時まで志願変更を受け付け、3月5日に学力検査、3月6日(一部3月5日)に学校独自検査、3月10日に追検査、3月11日(一部3月10日)に学校独自検査追検査を実施する。合格発表は3月13日午後に行われる予定。

リセマム 桑田あや

最終更新:2/21(金) 19:30
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事