ここから本文です

Appleとイーロン・マスクと小島秀夫をつなげる女、グライムスとは何者か。

2/21(金) 21:30配信

ギズモード・ジャパン

Q. グライムスとは誰か。

A. AppleのCM「Behind The Mac」に出演していた女性、あるいはイーロン・マスクの彼女。

かなり乱暴な紹介の仕方ではありますが、ギズモード読者のみなさまなら、きっとこう言えばイメージできるのではないでしょうか。

この映像からも分かる通り、グライムス(本名:クレア・バウチャー)の職業はミュージシャン。

では、どんなミュージシャンなのでしょうか?

2010年代を象徴するアーティストのひとり

カナダのバンクーバーを拠点としていたグライムスは、2012年リリースの3rdアルバム『ヴィジョンズ』によって一躍ブレイク。

自身のベッドルームでGaragebandを使って作られたというこのアルバムは、そのジャンルレスでポップなサウンドから「ポスト・インターネット時代のポップ・ミュージック」として、ひとつの時代を象徴するレコードとして高い評価を集めました。

なかでも収録曲「Oblivion」は米ピッチフォークが2019年に発表した「2010年代ベストソング」で2位を獲得。

このことからも、いかに彼女が高い評価と人気を持つアーティストかということが分かるはずです。何せ音楽ファンの間では「グライムスが付き合ってるイーロン・マスクって誰?」という人もいるくらいですから。

シンガーである以前に、プロデューサーである

グライムスの音楽を語るうえで欠かせないのは、彼女が“プロデューサー”であるということ。

そもそもこのグライムスという名義には、彼女クレア・バウチャーがプロデューサーとしてポップ・シンガーを手掛けようとするも適切な人物が見つからなかったという経緯から生まれた“自作自演プロジェクト”という側面があります。

ラップトップなどのデジタルテクノロジーを駆使し、作詞作曲、エンジニアリング、アートワークの作成、MVの監督までDIYする彼女のコアにあるのは、マルチクリエイターとしての姿。アップルが「Behind The Mac」で採用するには、まさに最適な人物なんです。

1/2ページ

最終更新:2/22(土) 0:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ