ここから本文です

計画通りやれれば、タイトル争いを狙うレッドブルやフェルスタッペンに貢献できる……2020年ホンダF1の”自信”

2/21(金) 20:10配信

motorsport.com 日本版

 昨年はオーストリア、ドイツ、ブラジルと3勝を挙げたレッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペン。パートナーシップ初年度にも関わらず好成績を残したことによって、2年目となる2020年への期待はさらに膨らむ。チームも、そして当のフェルスタッペンも、今季の目標はタイトル争いをすることと言って憚らない。

【ギャラリー】初日から順調に走行。今年はメルセデスを苦しめることになるのか? F1プレシーズンテストでのレッドブル・ホンダの勇姿

 そんなシーズン開幕に向けたテストも、スペインのカタルニア・サーキットで開幕。ホンダ製のパワーユニット(PU)を搭載するレッドブル、アルファタウリ共々、順調な走行を続けている。

 ここまでの状況について、ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、motorsport.comの取材に次のように語った。

「計画通りに来ていますし、パワーと信頼性のバランスも取れています。開幕戦を迎えるにあたって、ホンダとしても準備ができていると思っています」

 山本マネージングディレクターはそう語った。

「昨年の後半戦のように、信頼性を高く維持しながら、パワーも少し上げています。クリスチャン(ホーナー/チーム代表)やマックスが言っていること(タイトル争いを目標とすること)に、ホンダがちゃんと対応できるように準備していきます」

 タイトルを争うためには、パワーユニットの追加投入によるペナルティを受けずにシーズンを戦い切ることが重要になってくる。これについて山本マネージングディレクターは、ペナルティを受けずにシーズンを戦い抜くつもりだと語った。

「今年はその計画です。きっちりとレギュレーションに沿ってやっていけると思っています。その準備はできているつもりです」

 ホーナー代表はニューマシンRB16の発表に際し、「パワーユニットのマシンへの統合は、芸術作品のようだ」と評していた。これについて山本マネージングディレクターに尋ねると、「技術面を話すのは難しい」と前置きをしながらも、次のように説明した。

「技術面のことは私はあまりよく分かりません。でも聞いているのは、レッドブルのエアロに影響する部分は、コラボできているということです」

「微妙なところですが、そのレイアウトを少し見直して、多少ボディにマージンを与えるような形になっています」

 フェルスタッペンはレッドブルとの契約を今年の初めに2023年まで延長している。しかしホンダとレッドブルの契約は2021年まで。それ以降の契約はどうなっているのだろうか?

「自動車業界の厳しさもあるので、そういったところがもう少し見えるようになれば、分かると思います」

 そう山本マネージングディレクターは語った。

「もちろんレッドブルと21年以降の交渉はしています。しかし今はまだ、ハッキリしたことは言えません」

 開幕戦が日に日に近づきつつある。タイトル争いに加われるかどうか、その自信について改めて尋ねると、山本マネージングディレクターは次のように語った。

「プラン通りやることをきっちりとできれば、もちろんマックスやレッドブル、そしてアルファタウリに大きく貢献できると信じています。引き続き力を入れてやっていきます」

Ronald Vording, 田中健一

最終更新:2/21(金) 20:10
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ