ここから本文です

<ラグビー>トンプソンルークが語るシックス・ネーションズの魅力 日本への感謝も

2/21(金) 21:11配信

MANTANWEB

 140年近い歴史と伝統を誇るラグビー欧州6カ国対抗戦「シックス・ネーションズ」。WOWOWでは全15試合を生中継している。2月2日に行われたフランス対イングランド戦は昨年のラグビーワールドカップ(W杯)2019日本大会で、台風の影響によって中止となったカード。しかし、同大会準優勝のイングランドを、ベスト8に終わったフランスが24-17で破るという衝撃の展開となった。この一戦で、日本代表71キャップを誇り、W杯にも4回出場したトンプソンルークさんがゲスト解説を務めた。かつて薫陶を受けたエディー・ジョーンズヘッドコーチ率いるイングランドの敗戦、そして快勝した新生フランスについて語った。

【写真】廣瀬俊朗は「ワールドカップ2015」の“陰の主将”!  

 ◇

 ──フランスvsイングランドのゲスト解説を終えて、いかがでしたか?

 すごく楽しかった。解説は初めてじゃないけど、僕は日本語が上手じゃないから言葉のミスもあっただろうし、ちょっと恥ずかしかったね(笑い)。

 ──試合を見た感想は。

 とても面白かった。フランスの若い選手がすごくレベルアップしています。イングランドはワールドカップの決勝でも良くないプレーをしていたけど、(フランス戦を見た限り)まだ大丈夫。シックス・ネーションズはこれから面白くなるでしょうね。

 ──勝ったフランスの印象はいかがでしたが?

 フランスは不安定なチームで、パフォーマンスが良いか悪いかのどちらか。試合前はどっちのフランスが出てくるかなと思っていたけど、素晴らしかったですね。完璧じゃないけど、若いSHアントワーヌ・デュポンとSOロマン・ヌタマックがいいゲームコントロールをしました。フォワードもフィジカルが素晴らしく、ディフェンスは規律もよかった。昔、フランスは規律があまり良くなかったけど、いいフランスになりましたね。でも、来週はどうなるのでしょう(笑い)。

 ──ハーフ団の他にも気になった選手はいましたか?

 若い選手がみんな良かった。たとえばNo.8のグレゴリー・アルドリッドの努力は素晴らしかったですね。2トライしたキャプテンのFLシャルル・オリヴォンはラインアウトもよかった。CTBヴィリミ・ヴァカタワはW杯の時から良かったですね。ベンチにいた若い2人のPR(ジェファーソン・ポアロ、デンバ・バンバ)もスクラムで活躍しました。次のW杯で、ホスト国のフランスはすごくいいチームになるでしょう。

1/3ページ

最終更新:2/21(金) 23:54
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ