ここから本文です

<SixTONES松村北斗>「10の秘密」演技の成長実感 ファンからの反響には「冥利に尽きます」

2/22(土) 7:00配信

MANTANWEB

 人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんが、俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で、ピアニストの伊達翼役を熱演している。第5話(2月10日放送)のラストでは、向井さん演じる主人公・白河圭太にナイフを手にして襲いかかるなど迫真の演技を披露し、SNSには、その演技を絶賛する声が多く上がっていた。「ファンからいろいろなお声をいただいています。本業はアイドルですが、役者さんの中で演技をしている身としては冥利(みょうり)に尽きます」と演技の成長を感じていると語る松村さんに、撮影の様子やドラマについて聞いた。

【写真特集】松村北斗の爽やかな笑顔も!

 ◇ナイフで襲いかかるシーンは「思うがまま」 伊達翼を演じ「充実した生活」

 「10の秘密」は、連続ドラマ「嘘の戦争」「銭の戦争」、「チーム・バチスタ」(いずれもカンテレ・フジテレビ系)シリーズなどを手がけた後藤法子さんのオリジナル脚本。シングルファーザーの圭太が一人娘の瞳(山田杏奈さん)を誘拐されたのを発端に、元妻の由貴子(仲間由紀恵さん)たち登場人物のさまざまな秘密が明らかにされ、次々に事件が巻き起こるサスペンスだ。

 松村さん演じる翼は、10年前に母親が何者かに殺害された過去がある。母を殺害した犯人だとにらんでいた圭太に襲いかかったシーンについて、松村さんは「やりがいがありました。ナイフの持ち方や構え方、翼はナイフなんて人に向けたことがないよな、腰も引けるよなとか、細かいことを決めていったけど、(本番は)思うがままという感じでした」と振り返る。

 ドラマには、向井さんのほか、仲間さん、仲里依紗さん、渡部篤郎さん、佐野史郎さんといったベテラン俳優たちが多数出演している。撮影は「楽しく和気あいあいと、チーム一丸という言葉が似合うような現場」と話しつつ、「先輩方が多く、アドバイスをいただいたり、失敗したときは励ましていただいています」と話す。

1/2ページ

最終更新:2/22(土) 7:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事