ここから本文です

HTC、VIVE Cosmosシリーズにビデオパススルー含む3モデル投入 フェースプレート変更で機能追加

2/21(金) 16:47配信

ITmedia NEWS

 台湾HTCは2月20日、PCベースのVR HMD(Head Mounted Display)、HTC VIVE Cosmosの3モデルを発表した。いずれも解像度は両眼で2880×1700ピクセルで、初代VIVEから精細度が88%向上している。どのモデルもフェースプレートを変更することで機能追加が可能になる。第1四半期(2020年1~3月)後半に発売予定で、価格は899ドル。2月24日から予約を受け付ける。

VIVE Cosmos Elite

 VIVE Cosmos Eliteはライトハウス方式ベースステーションの外部トラッキングに加えてインサイドアウトにも対応。Cosmos Eliteには外部トラッキング用フェースプレート、SteamVRベースステーションを2個、コントローラーを2個バンドルする。付属しているインサイドアウト方式のフェースプレートに換装して使うこともできる。

 VIVE Cosmos XRはフェースプレートにパススルーカメラを搭載したモデルで、リアルワールドとVR世界をオーバーレイできる。視野角(FOV)は最大100度。開発者キットとして第2四半期(4~6月)に発売予定だ。

 VIVE Cosmos Playは4カメラのインサイドアウトトラッキングを備えた入門者モデルで、Cosmosシリーズのオプションを追加できる。詳細は数カ月以内に公開予定。

 昨年発売したインサイドアウト方式のVIVE Cosmosは国内販売しており、価格は9万8870円(税込)。6カメラ搭載のフェースプレートは199ドルで第2四半期に発売予定だ。

ITmedia NEWS

最終更新:2/21(金) 16:47
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ