ここから本文です

久馬歩 「豚まん似合わないくらい暗かった」 松本穂香主演映画の撮影現場

2/21(金) 19:16配信

デイリースポーツ

 女優・松本穂香(23)と俳優・渋川清彦(45)が21日、大阪市内で行われたW主演映画「酔うと化け物になる父がつらい」(3月6日から全国順次公開)の先行上映会で脚本担当のザ・プラン9・久馬歩(47)とともに舞台あいさつを行った。

 大阪府堺市出身の松本は「地元でみなさんに見てもらえるのはうれしい。今日は家族と親友が来てくれている」と笑顔であいさつ。渋川演じるアルコール依存症の父親が病を患い、余命半年と宣告される物語で、松本演じる長女ら、家族の心の揺れを描く。松本は「役柄の父と娘をちょっと意識して、(現場で)話さない方がいいかと思い、ほとんど話さなかった」と空き時間も渋川と会話をしないようにしていたことを明かした。

 久馬は「撮影の終盤に現場へお邪魔して『551蓬莱の豚まん』を差し入れたのに、豚まんが似合わないくらいみんな暗かった」と笑いながら振り返った。

最終更新:2/21(金) 19:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ