ここから本文です

若林正恭、家庭問題の自己責任論に思い「切り捨てられてしまうのはしんどい」

2/21(金) 12:00配信

オリコン

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭、女優の松岡茉優がMCを務めるフジテレビ系『居場所をください~限界密着…壊れていく子どもたち~』が、23日に放送される(後8:00)。

【番組カット】子どもたちの今に密着

 育児放棄、虐待、いじめ、非行、10代での妊娠…傷だらけの子どもたちがいる。社会とも家族とも関われない、これまでにどこにも居場所がなかった彼らとどう向き合えばいいのか。どうすれば社会復帰させてあげられるのか。番組では、殻を閉ざし、荒れる子どもたちへの長期密着取材から、子どもたちが人生を激変させる瞬間を捉え、生きる目標を見つけ出し歩み始めるまでを描く。

 若林は「先生と子どもたち、子ども同士もそうなんですけど、じっくり向き合って話をしている姿が印象的でした。スマホやSNSなどが発展していく中で、会って話をして聞いてあげるということが、人間の心の健康にはすごく必要なんだな、ということを痛感しました。大人の方にもその余裕がないということがあって…。大人、親が“自己責任”という言葉で切り捨てられてしまうのはしんどいな、と思いましたね」とコメント。

 松岡も「今、まさに『居場所をください』と思っているお子さんも見てくれているんだろうな、と思って(スタジオで)話していました。今苦しんでいるお子さんがいたら、一人、ということはないと思うから、こういう施設が全国にあるので、どこか頼れるところとライフラインをつないで、どうか生き続けてほしいと思います。この番組を見て、(社会と)関わってくれたらうれしいです」と言葉に力を込めていた。

最終更新:2/22(土) 11:26
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ