ここから本文です

転職に学歴や資格は必要ない。キャリアの専門家が語る「転職にまつわる3つの誤解」

2/21(金) 12:03配信

新R25

転職が当たり前になりつつある昨今ですが、今の職場でくすぶりながらも、あと一歩が踏み出せない人は多いのではないでしょうか。

「転職したいけど、アピールできるものがない…」と、自分に自信がない人が、転職に踏みきるにはどうすればいいのか。

4年間で500人の求職者を優良企業へと内定させてきたキャリアアドバイザーの魚津君明さんは、著書『人生を逆転させる転職術』のなかで、学歴や資格がなくても転職を成功させる「成功転職」の方法を説いています。

今回は同書から「転職にまつわる誤解」について書かれた箇所を抜粋してお届けします。

転職に慎重になりすぎると、人生が好転するチャンスを逃す

「人生の節目」を考えたことはありますか?

私は人生の方向が大きく変わる人生の節目を、「転職のチャンス」と思っています。そして「成功転職」ができれば、必ず人生を好転させてくれます。

私は転職ほど、人生を好転または逆転させるのに身近でハードルの低い手段はないと思ってます。

よほど特殊な業界や職種を希望しない限り、転職において、特別に何かを用意したり身につけたりしておく必要はありません。初期費用もかかりません。

私自身も転職を活用して理想を叶えてきました。当時は、転職するたびに人生の行く手に新しい大きな光が見えたように感じました。自分の可能性が、今まで思ってもいなかった方向に伸び広がるのがわかりました。

この経験が、「転職は、人生を好転させる絶好のチャンスだ!」と信じる大きな根拠になっています。

私のように転職を有効活用して、人生の可能性を大きく広げて人生を好転させる人が、もっとたくさん生まれてほしいと思っています。

しかし世間一般では、「転職に対する迷信じみた誤解」が根強く残っています。「今までに自分が培ってきたものを捨てなければならない」ことになると考える人が少なからずいると感じています。

ですから、「転職は怖い」というイメージが強くなっていると思います。消極的なメンタルから逃れられず、慎重になりすぎるあまり、「人生を好転させるチャンス」を見逃すことは、人生の大きな損失です。

1/3ページ

最終更新:2/21(金) 12:03
新R25

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ