ここから本文です

英国王室、アンドルー王子の誕生日をSNSで祝福し物議を醸す

2/21(金) 22:11配信

ELLEgirl

2月19日(水)に60歳の誕生日を迎えたアンドルー王子。「1960年のこの日、バッキンガム宮殿でアンドルー王子が誕生しました。君主が在位中に赤ちゃんを出産するのは103年ぶりでした」とコメントしている。エリザベス女王がチャールズ皇太子を出産したのは王女時代なので、君主になってからはアンドルー王子が初めて。その前はヴィクトリア女王が第5女ベアトリスを出産したときになる。

それはさておき、英国王室が公式にアンドルー王子の誕生日を祝福したことには驚きの声が。アンドルー王子は性犯罪者ジェフリー・エプスタインとの関係で批判を浴びているだけでなく、彼の犯罪に関するFBIの捜査にも協力していないことが発覚したばかり。さらに今週に入り、カナダの実業家ピーター・ナイガードとも親しくしていたことが明らかになった。ナイガードもエプスタインと同様、未成年を含む10人以上の女性に性的暴行を働いた容疑で起訴されている。アンドルー王子は彼がバハマに所有している邸宅に度々遊びに行っていた。元妻のセーラ元妃、娘のベアトリス王女やユージェニー王女を連れて行ったこともあるそう。ナイガードの犯罪行為に関わった証拠はないものの、彼が起訴された後も王子と元妃は彼との交際をやめなかったという。

アンドルー王子に対する世論を考慮したのか、ウィリアム王子とキャサリン妃、ハリー王子とメーガン妃、チャールズ皇太子とカミラ夫人はお祝いのメッセージを発表していない。SNSでメッセージを贈ったのは、元妻のセーラ元妃とユージェニー王女だけ。

報道によると誕生日当日の夜には小規模なディナーパーティが開催されたという。でも出席したのはセーラ元妃と2人の王女のみ。エリザベス女王を始め兄弟のチャールズ皇太子とエドワード王子、姉のアン王女、他のロイヤルファミリーたちは姿を見せなかったという。

ハリー王子とメーガン妃の離脱で注目を集める英国王室だが、アンドルー王子の方が犯罪行為に関係している可能性があるだけに大問題という見方も。ナイガードとの関係も含め、これからどんな新事実が明らかになるのか注目したい。
(Text: Yoko Nagasaka Source: ELLE ONLINE)

最終更新:2/21(金) 22:11
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ