ここから本文です

今日J開幕。補強に成功したチームはどこだ!

2/21(金) 6:03配信

THE PAGE

 2020シーズンの明治安田生命J1リーグが、フライデーナイトJリーグとして21日に行われる湘南ベルマーレ対浦和レッズ(Shonan BMWスタジアム平塚)から幕を開ける。

 昨シーズンは時間の経過とともに、標榜してきたアタッキングフットボールが開花。最後は7連勝でフィニッシュするなど、無双の強さを身にまとった横浜F・マリノスが15年ぶり4度目の美酒に酔った。各クラブが補強に走るオフも、スピーディーかつ的確に動いたのがマリノスだった。

 J1を制したマリノスには、今年から順に5億5000万円、5億円、5億円と3年間で総額15億5000万円の理念強化配分金がJリーグから支給される。使途を問われた横浜マリノス株式会社の黒澤良二代表取締役社長は、これから検討すると断った上で、こんなビジョンを明かしていた。
「できるだけ有効に使いたいというか、チームの強化にあてた方がいいと考えています」

 資金をもとにまず着手したのが優勝に貢献した2人の外国籍選手、センターバックのチアゴ・マルチンスと左サイドバックのティーラトンを、期限付き移籍から完全移籍へと切り替える補強だった。前者はブラジルのパルメイラスから2018年夏に、後者はタイのムアントン・ユナイテッドFCから昨シーズンにそれぞれ加入し、特にマルチンスは昨シーズンのベストイレブンにも選出されていた。

 主力全員を残留させた上で、期限付き移籍先の大分トリニータで10ゴールをマークし、日本代表にも選出されたFWオナイウ阿道を浦和レッズから獲得。マリノスのアカデミー出身で、2010年夏以降は4つのクラブでプレーしていたMF水沼宏太も約9年半ぶりに復帰した。
 オナイウに関しては、6年ぶりに挑むAFCチャンピオンズリーグ(ACL)をにらんだ補強でもある。外国籍選手の登録・ベンチ入り・出場枠が「3+1(アジア枠)」のACLへ、マリノスはチアゴ・マルチンス、ティーラトン、MVPの仲川輝人と得点王を分け合ったMFマルコス・ジュニオール、FWエリキ(これまで2戦はベンチ外)を登録。合計で19ゴールをあげたエジガル・ジュニオと昨季途中から守護神の座を得たGK朴一圭を外している。

1/3ページ

最終更新:2/21(金) 10:41
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ