ここから本文です

2020年は連休の当たり年!1年の祝日を把握してる人は少数派?旅行をする人は増える?

2/21(金) 12:21配信

ファイナンシャルフィールド

今年は3連休が8回あるってご存じでしたか?もう既に終わってしまったものもありますが、今月末の天皇誕生日に絡む連休、3月の春分の日に絡む連休、5月の大型連休、夏のオリンピックに合わせた祝日の移動による連休など、いまから楽しみにしている方も多いことでしょう。

連休が多いのはうれしい反面、「仕事に影響が出てしまう」「子どもや夫が家にいて家事が増えるだけ!」など、連休はほどほどにしてほしいという意見もありそうです。そこで今回は、世間の今年の連休に対する印象や、連休を使った旅行動向についてチェックしてみましょう。

昨年の休日、多かった?少なかった?

20代~70代の男女1225名を対象に行われた、「2020年の祝日に関する調査」(旅行サイト「エアトリ」調べ)の結果(※1)を見てみます。まずは、昨年の休日についての意見をチェック!

【2019年の休日についてどう感じましたか?】
1位:ちょうどよかった 48.2%
2位:多かった     39.7%
3位:少なかった    12.1%

半数近くの人が、昨年の休日の量についてちょうどよかったと感じているようです。

ちょうどよい理由としては、「休めるものならもっと休みたい。かと言って少ないとは感じなかった。(50代・男性)」「家族との時間を充実させることができた。おかげで休み明けは仕事を頑張ろうと思えた。(30代・女性)」などのポジティブなものが多いようです。

一方で、休日が多かったと答えた人は、「祝日が多すぎて旅行費用が高額化してしまい長期旅行が減った。(50代・男性)」「仕事と休日のスイッチ切り替えがなかなか上手に出来なかったです。(60代・女性)」という思いをお持ちの様子。

また、休日が少なかったという人のなかには、「休みは多ければ多いほど良い。(40代・男性)」「諸外国と比べれば、もっと休みがあって当然だと思う。(50代・男性)」と思っている人も。人によって、休日の捉え方に差があるということがわかります。みなさんはどう感じましたか?

1/2ページ

最終更新:2/21(金) 12:21
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ