ここから本文です

東海道新幹線の車内字幕ニュース終了 山陽九州との無料Wi-Fi整備完了で

2/21(金) 15:02配信

乗りものニュース

 JR東海とJR西日本、JR九州は2020年2月21日(金)、東海道・山陽・九州新幹線の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」について、3月30日(月)に全車両で環境整備が完了すると発表しました。

【画像】500系新幹線に設置された「子供向け運転台」

「Shinkansen Free Wi-Fi」は東海道・山陽・九州新幹線の車内で利用できる無料Wi-Fiサービスです。2018年7月より順次、整備を終えた車両から提供が行われてきました。3月30日(月)以降は、東海道・山陽・九州新幹線の全列車でこのサービスが利用できるようになります。

 なお、「Shinkansen Free Wi-Fi」は携帯電話の電波を利用しているため、電波の届かない九州新幹線 川内~鹿児島中央間のトンネル区間ではサービスを利用できません。圏外の解消に向けた工事が進められており、2020年夏までには利用できるようになる見込みです。

「Shinkansen Free Wi-Fi」の整備完了に伴い、東海道新幹線では1985(昭和60)年から提供されてきた車内でのテロップニュースは3月13日(金)をもって終了します。乗客の多くがスマートフォンなどで各種情報を取得できる環境が整ったためといい、今後はニュースに代わり、日本語と英語による新幹線の利用案内の充実が図られます。

 また、東海道新幹線での契約者向け「車内公衆無線LANサービス」も3月31日(火)で終了する予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:2/23(日) 17:49
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ