ここから本文です

新加入FWブライトバイテ「バルサは世界一のクラブ」

2/21(金) 7:54配信

SPORT.es

マルティン・ブライトバイテは、FCバルセロナの新加入選手として契約書にサインし、カンプ・ノウで入団会見を行った。

メッシがバルサ内部の問題について 「奇妙な問題に思う」

バルサの伝統的なプレゼンテーションを実施したが、選手への質問は、ごく僅かで、大半は会長ジョゼップ・マリア・バルトメウとスポーツディレクターのエリック・アビダルに対するものだった。

レガネスから移籍金1,800万ユーロ(約21億8,000万円)の2024年6月30日までの4年契約で加入したブライトバイテは、会見冒頭でバルセロナに加わった喜びを語った。彼には3億ユーロ(約363億円)もの契約解除金が設定されている。

「私と家族にとって非常に特別なことである。選手としてここにいられることは最高だ。世界一のクラブなのだから。ここにたどり着くために懸命に努力してきた。新しいチームメイトと早くプレーしたいと思っている。非常に興奮している」と表現した。

記者会見でブライトバイテへの質問は2つだけであった。一つはメッシとプレーすることに関してである。

デンマーク代表選手は、「早くレオ・メッシとプレーしたい。トレーニングを通してチームがどのようにプレーするかを学び、研究して、試合で助けになりたい」と述べた。

バルセロナからの関心を知った時の心境について尋ねられると、「興味を持っていると聞いたときは驚いたが、それほどではなかった。先程言ったように、何年もの間、それは私が考えていたものであり、素晴らしいクラブでプレーするという野心を持っていた。トライすれば実現するということだ」とデンマークのFWは語っている。

SPORT

最終更新:2/21(金) 8:13
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ