ここから本文です

新幹線無料Wi-Fiサービス整備完了 車内テロップのニュース提供など終了へ

2/21(金) 14:35配信

THE PAGE

 JR東海、JR西日本、JR九州の3社は21日、東海道、山陽、九州新幹線車内の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」が3月30日で全列車でサービスを利用できる環境の整備か完了すると発表した。また、これにより長年親しまれてきた車内テロップでのニュース提供や車内公衆無線LANサービスなどが終了することも発表した。

【拡大写真】新幹線のイメージ写真

3月末までに「のぞみ」停車駅ホーム上にもアクセスポイント

 発表によると、Shinkansen Free Wi-Fiは2018年7月から順次、整備の完了した車両から利用することができた。この整備完了により、全ての列車で自分のスマートフォンなどで、ネット予約や運行情報、観光情報を見たりしやすくなる。

 また「のぞみ」の停車駅(東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪の各駅)や訪日外国人利用客が多い小田原駅では、今年3月末までに駅ホーム上 にもアクセスポイントを設置するという。

車内テロップニュースは1985年から提供、3月14日のダイヤ改正をもって終了

 これらの設置により、東海道新幹線では1985年から車内テロップでニュース情報を提供してきたが、Shinkansen Free Wi-Fiの整備完了で、利用客が自分のスマート フォンなどでニュースなどの情報を得やすいことから、3月14日のダイヤ改正をもってニュース情報の提供を終了する。

車内公衆無線LANサービスも3月末で終了

 これからはニュースに代わり、日本語や英語による新幹線の利用案内を充実させるとしている。 このほか車内公衆無線LANサービスも今年3月末で終了すると発表した。

最終更新:2/21(金) 14:51
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ