ここから本文です

今平周吾、「アンダーで回れそうなコース、修正していきたい」2日目以降の攻略を誓う

2/21(金) 17:41配信

ゴルフネットワーク

 世界選手権シリーズのWGC-メキシコチャンピオンシップは20日、メキシコのクラブ・デ・ゴルフチャプルテペックで第1ラウンドが行われ、今平周吾は2バーディ、5ボギーの「74」で回り、3オーバー49位タイで初日を終えた。

【動画】最終18番でベタピンショット披露!松山は首位と4打差8位タイ発進

―今日のラウンドを振り返って

 ティーショットがなかなか上手くいかなかったです。セカンドショットもイメージしているよりも跳ねてしまい、距離も出るし、グリーンも転がるので、距離感を合わせるのが難しかったです。

―コースコンディションについて

 練習ラウンドは風が無かったですけど、今日は風もあり、グリーンも硬くなってきたので、そこがちょっと難しかったです。

―ピン位置が難しかった?

 所々難しかったですけど、2つバーディを獲れたホールは良かったです。

―明日に向けて意気込みを

 アンダーパーでは回れそうなコースなので、明日はしっかりと修正していきたいです。

最終更新:2/21(金) 17:41
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ