ここから本文です

地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!

2/21(金) 12:20配信

高校野球ドットコム

  4月8日から開幕する春季千葉県大会地区予選。すでに昨秋のベスト8以上の8校が免除で県大会出場。さらにシードで、1回勝てば夏のシードが決定する。地区予選に参加する学校は地区予選、県大会に2勝以上しなければシードを得られない。そこをめぐっての争いは毎年熾烈。「戦国千葉」と呼ばれるように、千葉県はいきなり夏に浮上する学校が多くあるため、多くの学校をマークしておきたいところ。今回は春の地区予選の見どころを紹介したい。

【写真】地区予選から見逃せない各8ブロックのトーナメント表

第1ブロック~第4ブロックの見所

【第1ブロック】出場枠6
千葉市の学校が中心で、出場校数が最も多い第1ブロック。昨秋は1校もベスト8に残れなかったため、全校が出場する。昨秋、木更津総合と競り合いを演じた千葉明徳は京葉工と対戦。速球投手への対応力が高い打者が多く、守備力も高い。攻守で見れば、ベスト8クラス。ただ毎年、130キロ超えの投手が多かった投手力については、未知数。オフのトレーニングによってどれだけ伸びるかが夏のシード獲得のカギになりそうだ。

 千葉経大附は元西武打撃コーチだった森博幸監督、甲子園常連の山梨学院の部長としてチームを支えた松崎将部長のタッグで立て直し中。昨秋は銚子商に1対2と競り合いを演じ、少しずつ前進は見せている。初戦は磯辺と対戦。他では柏井、千葉工と同ブロックだ。

【第2ブロック】出場枠5
実力校・市立船橋と県立船橋が同ブロック。両校が代表決定戦まで進めば、対戦が実現する。この春の地区予選でも注目のブロックだ。千葉日大一、日大習志野が同ブロックだ。打力は県内トップクラスを誇る東京学館船橋は実籾と対戦。須藤海人(2年)、4番町田蓮太郎を中心とした打線は脅威。ただ投手力が高かった前チームと違って顔ぶれが大きく変わり、投手力の底上げが重要となる。

【第3ブロック】出場枠5
毎年、強豪私立同士が初戦から激戦を繰り広げることで有名な第3ブロック。今回はうまくばらけた。千葉商大付は小金と対戦。東海大浦安は松戸国際と対戦。東海大の助監督を歴任した瀬戸康彦監督のもと着々と力をつけている東海大浦安は木更津総合戦で好投を見せた恒田英寿、巧打者・薬師寺大輝など好選手が多い。また、初戦から代表決定戦に臨む東京学館浦安は市川東と国府台の勝者と対戦。

【第4ブロック】出場枠5
注目は日体大柏と西武台千葉が同ブロック。日体大柏はエース・箱山 優は最速143キロを誇る本格派右腕。昨秋は登板回避したが、その分、多くの投手を底上げできた。やはり春は怖い存在となりそう。西武台千葉も昨秋、中央学院に敗れたが、ここぞという集中打が怖いチーム。また初戦から代表決定戦を迎える流通経済大柏は流山おおたかの森と流山南の勝者と対戦。流通経済大柏は130キロ中盤の速球を投げ込む小原大輝、昨年から経験している高橋 遼など打力が高い選手が揃う。

 また、市立柏、柏陵、麗澤などが揃ったブロックも見逃せない。

1/2ページ

最終更新:2/21(金) 12:52
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ