ここから本文です

「辞めてでも環境を変えなければ」中居正広さんジャニーズ事務所を退所【記者会見詳報】

2/21(金) 18:30配信

ハフポスト日本版

タレントの中居正広さんが2月21日、都内で会見を開いて、ジャニーズ事務所を2020年3月いっぱいで退所することを発表した。

中居さんは、2016年末に解散したSMAPでリーダーを務めていた。

都内の記者会見場。午後3時40分、スチールとムービーのカメラが呼ばれて会見場に入った瞬間、扉の内側に待ち構えていたのは中居さんだった。


中居さんは「どうもどうも」と言いながら、入ってくる取材陣としっかり目を合わせながら挨拶。

カメラに囲まれると「フラッシュの点滅にご注意ください」というフリップを取り出し、「僕1人ですから」と1人で仕切りながら午後4時の会見開始まで笑いを取り続けた。

そして、午後4時になると、記者会見を始めた。

退所までの経緯について

去年の春くらいに、会社の方とファーストコンタクトを取り始めたというか、話し合いを始めました。退社を考えておりますと。

1日も早くやめたいということでもなかったので、会社とは兼ね合いとタイミングを見計らいながらその日時を決めていきましょう、と話しました。それが、5月~6月くらい。

その直後に、ジャニーさんが体調を崩して倒れてしまいました。その後で僕も話し合いを重ねようと思ったんですが、僕どころではないと。ジャニーさんが倒れてどういう風に容体が変化していくか見通しがつかない状態だったので、僕の話は置いておいて構わない状態でした。

そのあとジャニーさんが亡くなり、お葬式があり、夏から秋にかけてお話をしようと思ったんですけど、また誰かがやめるとか…、誰々が抜けるとかあって、バタバタしていて(笑)。

でもそのままだとやめられないなと。去年いっぱいとは考えていたんですけれども、解散して丸3年になりますので、このタイミングかなと思っていました。

でもジャニーズ事務所にしばらくいながら、準備してからかなと思って、伸ばし伸ばしになって、3月のタイミングになりました。それがここまでの経緯です。

1/8ページ

最終更新:2/21(金) 22:50
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ