ここから本文です

「豆もやしのビビン焼きそば」花粉症対策レシピ|週刊おうち薬膳|VERY

2/21(金) 22:00配信

magacol

今年も花粉症の季節が始まりました。花粉の飛散量がピークになる前、この時期の対策がカギ。身近な食材を使って、普段の食事に薬膳を取り入れてみませんか?

「週刊おうち薬膳」では花粉症対策ができるレシピをお届けしています。3週目の今回は、値段もお手頃で体内の余分な湿気をとる食材「豆もやし」を1袋まるっと使った2つのレシピをご紹介します。「ビビン」とは「混ぜる」という意味。トッピングのとろりとした半熟卵と混ぜて召し上がってくださいね。

「豆もやしのビビン焼きそば」

●材料(1人分)

焼きそば用麺(あれば太麺) 1袋
豆もやし 50g
ニラ 3本
牛薄切り肉 50g
卵 1個
A コチュジャン 大さじ1~1/2
A 水 大さじ1
A しょうゆ、砂糖 各小さじ1と1/2
A おろしにんにく 少々
ごま油 大さじ1/2、小さじ1
白いりごま 適量

●つくり方

(1)豆もやしはさっと洗い、ひげ根が気になる場合は取り除く。ニラは4センチ幅に切る。牛肉は1センチ幅に切る。Aを合わせておく。

(2)フライパンにサラダ油小さじ1(分量外)を熱し卵を落とす。白身が固まってきたら弱火にし、白身の透明な部分がなくなるまでじっくり焼き、皿に取り出す。

(3)2のフライパンにごま油大さじ1/2を熱し、麺を入れ水50ml(分量外)を加え、切れないように優しくほぐしながら炒める。ほぐれたら片側に寄せ、空いたスペースにごま油小さじ1をしき牛肉を炒める。

(4)牛肉の色が8割変わったら、もやしとニラを加え強めの中火で1分ほどさっと炒め合わせ、Aを加え絡める。水分がとんだら皿に盛り、目玉焼きをのせ白いりごまを振る。

●レシピのポイント

・ニラともやしは火が通りやすいので、さっと炒めることで水っぽくならず食感が保てます。

・コチュジャンはメーカーにより味が少し違うので好みで調整してください。足りなければ最後に足して混ぜながら食べてもOKです。

・あればキムチや韓国のりを添えても◎。

1/2ページ

最終更新:2/21(金) 22:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事