ここから本文です

在韓米軍、「新天地教会」訪問の軍人・軍属らに「自宅隔離」を指示

2/21(金) 12:53配信

ハンギョレ新聞

朝鮮半島全域の米軍人員・施設「リスク」水準を1段階引き上げ 大邱米軍基地はじめ一部の学校・育児施設、20日から閉鎖

 在韓米軍司令部が最近急激に拡散しているCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関して、朝鮮半島全域にある米軍の関連施設に対する「リスク」水準を一段階引き上げると発表した。同時に、感染者が大量発生した大邱(テグ)の新天地教会を訪問した米軍人とその家族などに、自宅隔離措置を取るよう義務を課した。大邱米軍基地など一部の地域にあるすべての学校や育児施設は20日に即日閉鎖さる。

 在韓米軍は20日、公式ホームページにロバート・エイブラムス司令官を発信者とする公示を載せ、「朝鮮半島全域の在韓米軍の人員および施設に対するリスクを韓国疾病管理本部の疫学調査が終了するまで一段階引き上げる」とし、このように発表した。

 公示の中でエイブラムス司令官は、在韓米軍はCOVID-19の拡散を防ぐための「先制的」「予防的」措置を取るとし、「2月9日以降に新天地教会を訪問したすべての軍人は義務として自宅隔離を実施する」と述べた。そして、米軍人の家族、軍務員、用役契約人員などにも同じ措置を強く勧告すると述べた。在韓米軍部隊内で働く韓国人労働者にも自宅隔離を勧告したものと解釈される。このような措置は、韓国の防疫当局が感染源と感染経路を明らかにするまで続けられるという。

 エイブラムス司令官はまた、大邱にいる人員と外部から大邱に来る者の不必要な出張も禁止すると明らかにし、大邱米軍基地と4区域(Area IV)にある学校、育児施設、子育て支援活動などを、ひとまず木曜日(20日)に即日すべて閉鎖するとした。閉鎖期間中、大邱米軍基地や4区域の軍事施設などへの訪問は禁止される。在韓米軍は24時間ごとに閉鎖を続けるかについて決定する方針だ。
ノ・ジウォン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:2/21(金) 12:53
ハンギョレ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事