ここから本文です

ブーム続くSUV今年も新型続々! トヨタは「ランクル」「ハリアー」日産も「キックス」発表間近か

2/21(金) 7:10配信

くるまのニュース

2020年も止まらない! 各社のSUV攻勢!?

 近年の自動車業界では、世界的なSUVブームが続いています。欧州、米国、中国など自動車市場の主要地域で開催されるモーターショーなどでは、新型車やフルモデルチェンジの発表が相次いでいるのです。

【画像】買うならどれ? 人気のSUVを徹底比較!(37枚)

 一方の国内市場でも、軽自動車からフルサイズSUVまで多くのSUVがラインナップされており、2019年も新型車やフルモデルチェンジしたモデルの登場が相次ぎました。2020年もその勢いが衰えることはなく、続々とSUVが登場するといいます。どのようなモデルが出てくるのでしょうか。

 過去5年間で、国内市場には多種多様なSUVが投入されました。マツダでは、同社のミニバンラインナップを廃止した代わりに、3列シートSUV「CX-8」を2017年12月に投入。さらに、2019年10月には「CX-3」と「CX-5」の中間サイズとなる「CX-30」を発売しています。

 新型車としては、三菱「エクリプスクロス」やダイハツが開発を主導したダイハツ「ロッキー」と、そのOEM車となるトヨタ「ライズ」なども登場しています。

 フルモデルチェンジ勢では、20年ぶりにフルモデルチェンジを遂げたスズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」、5代目となるスバル「フォレスター」も新たに投入されました。

 また、販売低迷などによって一時期は国内市場から撤退していた、トヨタ「RAV4」とホンダ「CR-V」も国内市場に復活を果たすなど、まさにSUVブームといえるのです。

 マツダは、SUV市場におけるユーザー動向として、「流入(購入)」、「流出(売却)」、「リピート(SUVからSUV)」という観点から調査した結果、2010年時点ではリピートや流入に対して流出が大きかったといいますが、2014年から2018年にかけて逆転し、流入が大きく増加しているようです。

 このような背景を踏まえた結果、マツダは同ブランドへの入り口となるエントリーモデルとして、「CX-30」を導入したのだと説明しています。

 すでに多くのSUVがある国内市場ですが、2020年はさらなる新型車やフルモデルチェンジが予定されています。トヨタでは、4代目となる新型「ハリアー」が6月頃、RAV4のPHV仕様が夏頃、300系といわれる新型「ランドクルーザー」は秋頃に登場が噂されています。

 日産では、5月頃に現在ブラジルやアジア圏を中心に販売されいる「キックス」、続いて東京モーターショー2019で世界初公開された電気自動車「アリア」の登場が予定されており、注目の「エクストレイル」は2021年になると予想されています。

 三菱は、「エクリプスクロス」のPHEV仕様を追加投入するほか、秋から冬にかけて3代目となる新型「アウトランダー」が登場するようです。

 マツダは東京モーターショー2019でお披露目した電気自動車「MX-30」を2020年内に欧州などで先行投入すると発表していますが、一部報道では「2020年内に国内市場でも発表予定」といわれています。

 また、軽自動車では軽SUVと称されるもモデルも続々登場。1月20日に発売された2代目となるスズキ「ハスラー」は、人気だった初代モデルを継承しつつ、さまざまな部分で進化しました。

 ダイハツからは2020年の年央に、かつて販売していた小型本格クロカン四駆モデルの名を受け継ぐ新型「タフト」が登場予定です。

 最近のSUV市場について、国産自動車メーカーの広報は次のように話します。

「最近のSUVを好まれるユーザーの傾向として、ライフスタイルの変化が挙げられます。かつてミニバンが人気を博したときには、いまよりも祖父母や複数のお子さまがいる家庭が多くありました。しかし、最近では多くても4名家族という風に家族のスタイルが変化しているといえます。

 また、アウトドアや車中泊といったクルマを使ったニーズが高まっていることも、SUV人気を支えているといえこれらの要因がある限りはSUVは好調を維持するかもしません。

 しかし、現在は各社で多様なSUVを投入していることもあり、SUV市場としては供給過多な面も出ています。大きなメーカーであれば、多彩なSUVラインナップを展開し、ブランド内で検討購入して頂けるという強みが出せますが、あまりSUVのラインナップを持たないメーカーは、個性豊かな競合車に押されて販売台数を落としかねません。

 そのため、今後SUVに力を入れるメーカーと入れないメーカーの差が出てくるのではないでしょうか」

※ ※ ※

 続々と投入されるSUVモデル。ユーザーとしては、選択肢が多いほうが良い面がありますが、ブームが加熱しすぎると飽きてしまうのが日本人の性格ともいわれます。

 今後のSUV市場がどのような変化をしていくのか、目が離せません。

1/2ページ

最終更新:2/21(金) 17:47
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ