ここから本文です

序列低下のエメルソンにユーベ&インテルから引き続き視線…代理人が明かす

2/21(金) 20:30配信

超WORLDサッカー!

チェルシーに所属するイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(25)の代理人がセリエAクラブからの関心を明かした。イギリス『Football Inside』が報じた。

【動画】水曜日の公開練習

2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソン。フランク・ランパード新監督の下で始まった今シーズンはプレミアリーグ開幕戦から4試合連続フル出場を果たすなど昨年末まで出番を得たが、今年に入り、ここリーグ戦2試合ベンチ外になるなど序列を落としている。

そんなイタリア代表DFに対して、今シーズンのセリエAで優勝争いを演じるマウリツィオ・サッリ監督のユベントスと、アントニオ・コンテ監督のインテルが今冬に引き続き興味を示しているという。

選手代理人を務めるルイス・フェルナンド・ガルシア氏がイタリア『juvenews.eu』で、正式なオファーこそ届いていないものの、上記2クラブの依然とした関心をこう明らかにした。

「ユベントスからの関心だけでなく、インテルも興味を示している。しかし、これまでのところ、チェルシーと移籍の話はしておらず、公式オファーも届いていない」

「(今シーズンが終了する)5月まで、この2つのクラブからオファーが来ることはないだろう。今夏に何をすべきか決定する」

なお、エメルソンとチェルシーの現行契約は2022年まで。どちらのクラブに移籍するとなっても、かつてチェルシーで師事を仰いだ恩師との再会となるが、果たして…。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/21(金) 20:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ