ここから本文です

【MLB】ヤ軍コール、同僚のア軍サイン盗み批判にも冷静沈着 「みんな大人なんだから…」

2/21(金) 7:30配信

Full-Count

コールは2018-19年にアストロズ在籍、昨季は20勝をマークした

 2018-19年にアストロズに在籍し、投手史上最高額となる9年3億2400万ドル(約363億円)でヤンキースに移籍したゲリット・コール投手が古巣のサイン盗み余波について言及。ヤンキースの選手から批判の声が挙がっていることに「問題とは思っていない」などと答えている。NY紙「NYデイリーニュース」が「同僚の“アストロズ不正行為”トークについてゲリット・コール『個人的に気分を害されてはいない』」とのタイトルで伝えている。

【動画】投球直前に不可解な音が連発! ストローマンが指摘するアストロズがサイン盗みを行っていたとされる実際の映像

 同紙によれば、アストロズのサイン盗みについて、ヤンキースではアーロン・ジャッジ外野手、ジャンカルロ・スタントン外野手、グレイバー・トーレス内野手らが声を挙げている。MLB公式サイトによると、ジャッジは「(サイン盗み発覚依然は)彼らに大きな敬意を抱いていた。その後、(世界一の称号は)得るべくして得たものではなく、不正行為をしたことを僕は知った」と胸中を吐露。スタントンは「2017年に、もしどんな球種が来るかが分かっていたら80本以上ホームランを打てたと思うよ」と語ったと、球団公式サイトは伝えた。

 2017年、ジャッジは本塁打王と新人王を獲得しながらMVP投票でアストロズのホセ・アルトゥーベ内野手に次いで2位だった。スタントンは当時在籍していたマーリンズで59本塁打を放ち本塁打王のタイトルを獲得している。
 
 チーム内から批判の声が相次いでいる状況だが、昨季20勝を挙げた29歳の右腕は冷静だ。記事内でコールはこう語っている。

「先日僕が言ったことをもう一度引き合いに出させてもらう。僕は自分が言ったことを固持するだけ。人は皆、独自の意見を持っても問題ないということさ。それが彼ら自身の意見。それに、みんな自分が望む通りに対処するだけのこと」

 さらに。こう続けている。

「ここにいるのはみんな大人なんだから。それに、僕は『こういう風に考えるべき』とか伝えるつもりはないよ。だから、僕は(同僚がアストロズのサイン盗みを語ることは)問題だと思っていないんだ。個人的に気分が悪いだなんて思ってないよ」

  同紙によると、コールはアストロズのサイン盗みについて先日こう語っている。「この件における勝者はゼロ。僕は(サイン盗みについて)何も知らなかったし、僕としては特に謝ることはないと思う」。

 名門UCLAを卒業している右腕は冷静沈着にサイン盗み問題に対処している。

Full-Count編集部

最終更新:2/21(金) 7:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事