ここから本文です

年所得5600万円でも平均未満、全米で最も裕福な住宅地加州アサートン

2/21(金) 3:12配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): シリコンバレー通勤圏にある米カリフォルニア州アサ-トン。緑豊かなこの街を運転しても、ここが全米で最も裕福な住宅地だとは気づかない。車窓から見えるのは高いレンガの壁と、固く閉ざされた門だけだ。

アサ-トンの住民の所得は平均で50万ドル(約5600万円)を上回る。テクノロジーで財を築いた富豪や有名スポーツ選手たちが、テニスコートやプール付きの邸宅に住む。

ブルームバーグがまとめる富裕層居住地ランキングによると、アサ-トンは4年連続でトップだ。家計所得の平均は52万5000ドルを上回る。ブルームバーグが同ランキングの集計を開始した2017年以降、50万ドルを上回ったのはここだけだ。

不動産エージェントのイレーン・ホワイト氏は近隣のレッドウッドシティーに住みながら、テクノロジーブームに伴うアサートンの変化を見てきた。ホワイト氏は「フェイスブックやグーグルがこれほど成長したことによって、カンパニータウンと呼べるような街が出来上がった。ここではそうしたシリコンバレーの企業に勤めている人が非常に多い」と話した。

不動産情報サイト、ジロー・ドット・コムによると、現在アサ-トンで売りに出ている住宅では、最も安い物件が250万ドル。住民にはグーグルのエリック・シュミット元最高経営責任者(CEO)やフェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)らがいる。

ブルームバーグは全米各地の2000世帯以上の地域を対象にインフレ調整後の家計データを分析し、家計所得の平均値を基にランキングにまとめた。

原題:In America’s Richest Town, $500k a Year Is Now Below Average(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Shelly Hagan, Wei Lu, Sophie Alexander

最終更新:2/21(金) 3:12
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ