ここから本文です

「留守番&キャットシッター」として、わたしがお金をかけずにアメリカ中を旅して回った方法

2/22(土) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

マドライン・ガーリー(Madolline Gourley)は29歳の旅人で、オーストラリアのブリスベン出身のライターだ。

【全画像をみる】「留守番&キャットシッター」として、わたしがお金をかけずにアメリカ中を旅して回った方法

2012年に大学を卒業してから、留守番とキャットシッターをする代わりに無料で泊まる場所を確保し、これまでにアメリカ12州を旅してきた。

"ふわふわのお友達"を世話することで、彼女は素晴らしい場所に滞在し、親切な家主とつながってきた。

ペットが好きで、低コストの旅行に興味があるなら、地元のみならず、世界中のユーザーとつながることのできる専門サイトに登録することを彼女はオススメしている。年会費は安いところで20ドル(約2200円)だという。

わたしの「留守番&キャットシッター」の冒険は突然始まった。たまたま2017年の年末から2018年の年始にかけて、わたしはちょっとした仕事とネコのお世話をする代わりに無料で泊まれる場所を見つけたのだ。サンフランシスコを探検するチャンスでもあった。ところが、この10日間の「第2の我が家」で過ごす休暇がきっかけで、わたしはその後、オーストラリアとアメリカを4回も行ったり来たりすることになった。シアトルからボストン、シンシナティ、サンタフェなど、わたしはいろいろな場所を旅してきた。直近では、テネシー州ナッシュビル、テキサス州オースティン、ワシントン州レイクフォレストパーク、アラバマ州バーミンガムの家で留守番&キャットシッターをしてきた。それは、素晴らしいペットとともに過ごす、低コストの夏休みの延長のようだった。

どうやって始めたか

ここ数年で、わたしは複数の留守番サイトに登録してきた。登録料はサイトによってさまざまだが、どれだけ宿泊費を節約できるかを考えれば、すぐに元は取れる。

TrustedHousesitters:シッターの登録料は年間119ドル。家主&シッターとしての登録料は年間148ドル。わたしのお気に入りのサイト。オファー数が最も多く、競争も激しい。

housecarers.com:登録料は年間50ドル。わたしの最も記憶に残る留守番&キャットシッター経験の1つは、このサイトで見つけたもの。

MindMyHouse:登録料は年間20ドル。わたしが利用した中で一番安い。

House Sitters America:登録料は年間30ドル。その名前からも分かる通り、滞在先となるのはアメリカ国内のみ。ただ、オーストラリア、カナダ、イギリス向けの姉妹サイトがある。登録料はそれぞれのサイトで発生。

ハウスシッターは美しい家の面倒を見て、その家を満喫する1つの方法でもある。わたしが2018年のクリスマスに約10日間、面倒を見たボルダーの家はとても大きくて、素晴らしい場所にあった(Airbnbで同じような家に同じくらいの期間、滞在しようと思うと9000ドルほどかかる。この金額は友人とシェアしても、わたしには出せない金額だ)。そう考えると、housecarers.comの登録料はリーズナブルだ。

また、こうしたサイトの大半はリファラルプログラムを導入していて、推薦してくれる人が1人増えるごとに数カ月分の登録料が無料になる。

留守番&キャットシッターの広告は、フェイスブックでも見つけることができるが、専門サイトよりもセキュリティー面でさらに注意が必要になるだろう。TrustedHousesittersに初めて登録した時は、「本人確認」のため、まずパスポートのコピーを提出しなければならなかった。

1/3ページ

最終更新:2/22(土) 8:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ