ここから本文です

【RISE】王者・工藤政英がWKN世界王者と対戦決定、緑川創が初参戦で“スロベニアの処刑人”と激突

2/22(土) 12:09配信

イーファイト

 3月20日(金・祝)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 138』の対戦カードが発表された。

【フォト】ONEに参戦し、ムエタイ強豪にパンチを打ち込む工藤

 RISEフェザー級王者・工藤政英(28=新宿レフティージム)が昨年7月以来の参戦、WKN世界三冠王者キース“スピード”アッツォパルディ(マルタ)と対戦する。

 工藤は2018年にRISEフェザー級王座決定トーナメントに参戦、準決勝で篠塚辰樹、決勝で森本“狂犬”義久を撃破し王者となった。その後ONEに参戦するもシントンノーイ、ペッダムといったムエタイ一線級に連敗。昨年5月のRISEでタリック・トッツを撃破し再起すると、同7月には、大雅を撃破しスアキム・PKセンチャイムエタイジムを追い詰めたタリソン・ゴメス・フェレイラをローとボディで苦しめ判定勝利をもぎ取った。

 対するキースはボクシングでは13勝1敗1分(3KO)、キックでは23勝1敗1分(6KO)の戦績を持つ打撃のエキスパート。フランスのキック団体WKNでは3つのルールで世界王座を獲得する柔軟性も持つ強敵だ。8か月ぶりの登場となる工藤はキース相手にどんな戦いを見せるか。

 そしてミドル級では緑川創(33=Monster Guns)がRISE初参戦。サモ・ペティ(スロベニア)との対戦が決定した。

 緑川は新日本キックのリングを主戦場に2度のラジャダムナン王座挑戦経験を持つベテラン。2014年2月にK-1MAX王者のアンディ・サワーに僅差判定勝利を収めて名を上げた。現在はWKBA世界スーパーウェルター級王座を保持し、昨年12月には初防衛を果たしている。今年1月に所属していた目黒藤本ジムが54年の歴史に幕を閉じて解散したことを機に、自身のチーム「Monster Guns」を立ち上げ、初のRISE参戦に踏み切った。

 対するサモは2014年7月に日菜太からKO勝ち、2014年12月に城戸康裕から判定勝ち、2015年1月に廣野祐から判定勝ちと、日本のトップ選手を連続撃破。“スロベニアの処刑人”の異名を轟かせた。今回は約5年ぶりの日本のリングへの登場となる。

 緑川は主にヒジありルールで活躍してきたが、初のRISEルールでどんなベテランの味を見せるか。これまでヒジ無しルールの試合では、2014年2月にアンディ・サワー戦で勝利、2018年10月には敗北こそしたものの日菜太相手に大接戦を見せており、今回も期待の一戦となる。

最終更新:2/22(土) 12:09
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事