ここから本文です

サンフレ川辺、ボランチ定着へ意気込み あす開幕戦、ホームで鹿島迎え撃つ

2/22(土) 9:42配信

中国新聞デジタル

 J1広島の川辺が、ボランチで不動の地位を築く覚悟でシーズンに臨む。「昨季はボランチで出た時は思った通りのプレーができて、負けた試合もそんなにない。いいイメージを持ってリーグ初戦に臨みたい」。攻守のかじ取り役を担う24歳は23日の開幕戦、鹿島戦(エディオンスタジアム広島)での白星発進を誓う。

 キャンプ中の練習試合や16日のYBCルヴァン・カップ初戦では青山とコンビを組み、抜群の連係で攻守に安定したプレーを披露。チームの得点力アップへの鍵を握る存在でもあり、「少ないチャンスでもシュートを決め切れるようにしたい」。21日はミドルシュートの練習を繰り返した。

 ボールに多く絡みながら、機を見て攻め上がる特長が生かせるボランチへのこだわりは強い。ただ昨季まではチーム事情からトップ下などで出場することもあった。城福監督は「葛藤しながらプレーしてくれたが、ボランチが彼の良さを一番出せる」と期待を寄せる。

 複数のポジションをこなしながらも球際の強さを追求してきた。全てはボランチでプレーするため。「守備には調子のいい、悪いはない。まずは守備からしっかりと入り、相手に好きなようにはやらせない」。攻守での貢献があってこそ、今季から付ける背番号「8」がひときわ輝く。

中国新聞社

最終更新:2/22(土) 9:42
中国新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ