ここから本文です

【ダイヤモンドS】スタミナだけでは勝ちきれない?冬の長距離戦を徹底検証!

2/22(土) 6:00配信

SPAIA AI競馬

東京コースらしい軽さが必要

次週開催の東京マラソンは新型コロナウィルスの影響から一般ランナーの参加が取りやめとなってしまった。見えない敵との戦いは一体いつまで続くのだろうか。

ダイヤモンドSに役立つデータ

東京のマラソンといえば、競馬の世界ではダイヤモンドSだ。芝3400mは平地競走で国内2番目の長距離戦。スタミナ型の台頭やリピーターが強いレースではあるが、東京コースらしくスタミナ一辺倒では勝てない、軽さも求められるレースなのだ。

過去10年でも最後の1000mは58秒台から60秒台と最後は速い脚が使えないと勝てないことを示している。この10年で上がり最速、もしくは最速タイが7勝しており、決め脚勝負に対応できないと上位には進出できない。スタミナというより折り合いに不安がなく、うまく温存できるタイプが向いている舞台でもある。

主要なステップレースについて検討する。着度数上位に来ているステイヤーズSや万葉Sが主要レースとしてあげられる。どちらも3000m以上の長距離戦だが、果たしてレベルとしてはどうだったのだろうか。

前走がステイヤーズSだった【1-1-1-11】(過去10年)

暮れの中山名物マラソンレースだが、こちらは東京とは適性に違いがあるのか、親和性はさほど高くはない。昨年のラップは以下の通りだ。

前半1000通過(1分2秒8)
13秒5-11秒7-12秒9-12秒4-12秒3
最後の1000m(1分0秒2)
12秒1-11秒7-11秒5-12秒0-12秒9

ポイントは残り800~400mの11秒7-11秒5だろう。中盤に13秒台のラップが4ハロン続く中だるみなラップから3角でペースアップした。1着モンドインテロは4-3番手から抜け出し、3着は逃げていたエイシンクリック。そのエイシンクリックは万葉S12着大敗。これでレベルが低いと切り捨てるのは危険で、エイシンクリックに何らかの事情があったとみるべきだ(たとえば逃げなかったなど)。ただ、どうもステイヤーズSと万葉Sでは求められる適性がちがうのではないだろうか。

1/2ページ

最終更新:2/22(土) 6:00
SPAIA AI競馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ