ここから本文です

【J1開幕直前クラブガイド】新布陣導入…攻撃力アップでJ1奪冠含む複数タイトルへ《川崎フロンターレ》

2/22(土) 11:30配信

超WORLDサッカー!

FUJI XEROX SUPER CUP 2020、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァンカップとすでに公式戦が開幕。そんな中、J1リーグが最後に開幕を迎える。

超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届け。第15弾として、昨季ルヴァンカップを制した川崎フロンターレを紹介する。

◆補強動向《B》※最低E~最高S
【IN】
GK丹野研太(33)←セレッソ大阪/完全移籍
GK馬渡洋樹(25)←愛媛FC/期限付き移籍→完全移籍
GK藤嶋栄介(27)←レノファ山口FC/期限付き移籍→完全移籍
DF山根視来(26)←湘南ベルマーレ/完全移籍
DF神谷凱士(22)←東海学園大学/新加入
DFジェジエウ(25)←アトレチコ・ミネイロ(ブラジル)/期限付き移籍→完全移籍
DFジオゴ・マテウス(27)←コリチーバ(ブラジル)/期限付き移籍
MF三笘薫(22)←筑波大学/新加入
MFイサカ・ゼイン(22)←桐蔭横浜大学/新加入
FW宮城天(18)←川崎フロンターレユース/昇格
FW旗手怜央(22)←順天堂大学/新加入
FW遠野大弥(20)←Honda FC(JFL)/完全移籍
FW宮代大聖(19)←レノファ山口FC/復帰

【OUT】
GK新井章太(31)→ジェフユナイテッド千葉/完全移籍
GKポープ・ウィリアム(25)→ファジアーノ岡山/期限付き移籍
DF奈良竜樹(26)→鹿島アントラーズ/完全移籍
DF馬渡和彰(28)→湘南ベルマーレ/期限付き移籍
DFマギーニョ(28)→横浜FC/期限付き移籍
DFタビナス・ジェファーソン(21)→ガンバ大阪/期限付き移籍
MF阿部浩之(30)→名古屋グランパス/完全移籍
MF鈴木雄斗(26)→松本山雅FC/期限付き移籍
MFカイオ・セザール(24)→V・ファーレン長崎/期限付き移籍延長
FW知念慶(24)→大分トリニータ/期限付き移籍
FW遠野大弥(20)→アビスパ福岡/期限付き移籍
FW赤崎秀平(28)→ベガルタ仙台/完全移籍
FW宮城天(18)←カターレ富山/期限付き移籍

近年、常にビッグネームを獲得し、周囲を賑わせていた川崎Fにしては、珍しく地味なストーブリーグを過ごした。

まず、今オフでは実力者たちを引き抜かれる側に回った。ルヴァンカップ決勝でMVPを手にしたGK新井章太(→ジェフユナイテッド千葉)、気迫のこもったプレーで鼓舞し続けてきたDF奈良竜樹(→鹿島アントラーズ)、そしてシルバーコレクター脱却を含め、常にタイトル獲得に貢献してきた“優勝請負人”MF阿部浩之(→名古屋グランパス)がそれぞれ退団した。

昨年、韓国代表GKチョン・ソンリョンが不調だったこともあり、新井の抜けたGKの面子こそ不安を感じる。ただ、奈良は昨季の稼働率の低さ、阿部に関してはクラブのシステム変更による適正ポジションの消滅もあり、ダメージは最小限に抑えられた。

一方、補強ではDFジェジエウ(←アトレチコ・ミネイロ)をしっかりと確保したほか、DF山根視来(←湘南ベルマーレ)とDFジオゴ・マテウス(←コリチーバ)の右サイドバック2人を獲得。なかでも、山根は16日に行われたYBCルヴァンカップ・グループA開幕節の清水エスパルス戦(○5-1)で躍動。DF馬渡和彰(→湘南ベルマーレ)、DFマギーニョ(→横浜FC)が定着に苦しんだポジションで早くもフィットの兆しを見せている。

さらに、ここ数年の育成が光る大卒選手は同クラブ下部組織出身のMF三笘薫(←筑波大学)を筆頭に、FW旗手怜央(←順天堂大学)、MFイサカ・ゼイン(←桐蔭横浜大学)と今年も人材豊富。計算できる選手が抜け、新加入選手に未知数な部分は多いものの、鬼木達監督が掲げる「育成」と「全体の底上げ」を進めていくにはポテンシャル十分な陣容を整えた印象だ。

◆新システム[4-3-3]、期待感は十分《優勝争い》
©︎CWS Brains,LTD.
川崎Fは昨季、YBCルヴァンカップを初制覇するも、3連覇を目指した明治安田生命J1リーグを4位で終えた。

スタートからの躓き、得意の夏場に大失速、多かったホームでの引き分けなど、ネガティブな話題が散見されたが、結局は勝ちきれなかった試合が多かった。鬼木監督はそんな昨季の攻撃面での課題を「昨シーズンはスピード感や幅の部分が少し足りなかった」と語る。そこで今季、講じたのが新システム「4-3-3」の導入だ。

その効果は16日に行われたルヴァンカップ初戦の清水戦で早くも見られた。高い位置からのプレス、多彩な崩し、人数をかけた迫力ある攻撃で5-1で勝利。新スタイルに大きな期待感を抱かせた。また、山根、三笘、旗手の新加入選手も結果を残し、実りある好スタートを切った。

だが、守り方も変化したことや運動量がより多く求められることで、後半には清水に主導権を譲ってしまう時間帯もあった。ここは今後の課題。鬼木体制移行後、「堅守」も武器にしてきただけに、攻撃力アップと共に守備力もしっかり維持していきたいところ。

目標はJ1リーグの奪還を含めた複数タイトルの獲得。「観ている方に楽しんでもらえるようなサッカーをして、選手も一緒に楽しめれば」と語る鬼木監督にとって、新布陣の導入による強化、育成と全体の底上げを掲げる今シーズン、真価が問われる1年になりそうだ。

◆超WS編集部イチオシ選手
MF長谷川竜也(25)

イチオシ選手には、FW長谷川竜也を選出する。

2016年に順天堂大学から川崎F入りを果たした長谷川は、サイドでのドリブルを武器にチームを活性化させ続けてきた。昨季は5ゴール7アシスト。それでも、選手層の厚いチームでは定位置を確保するには至らず。アピールしても次の試合では使われないなど、スーパーサブに止まっていた。

しかし、今シーズン、チームは[4-3-3]の新システムを導入。すると16日の清水戦では左ウイングで先発し、ドリブルや周囲とのパスワークで左サイドを攻略し続け、2ゴールを記録した。

また、右足から放たれるクロスの精度も高く、FWレアンドロ・ダミアンとのコンビも抜群。得点力アップを含め、奪還へのキーとなれる存在だ。

結果を残しながらも地位を確立するのに苦労してきた長谷川だが、今季、ついに天才ドリブラーのイキイキした姿が1年通して観られるかもしれない。

◆注目の東京五輪世代!
MF田中碧(21)
©︎CWS Brains,LTD.
夏に予定されている東京オリンピック世代の選手としてピックアップするのは、MF田中碧だ。

プロ3年目を迎えた昨シーズン、田中は日を追うごとに逞しくなり、明治安田生命J1リーグで24試合1ゴール2アシストを記録。ベストヤングプレーヤー賞を受賞したほか、日本代表の舞台にも上り詰めた。

そんな1年を「いろいろなことを経験させてもらいましたし、いろいろなものを吸収できました」と振り返り、「だからこそ今年はそういうものを生かして行かなくてはいけないなと思います」と新シーズンに向けて意気込みを語る。

持ち味はボール奪取とキープ力。昨年、U-22ブラジル代表との国際親善試合で2ゴールを挙げたことで注目を浴びたミドルシュートに目が行きがちだが、攻守へのハードワークを厭わず、積極的にゴール前に走り込む姿も魅力的な選手だ。

東京オリンピックへの出場について本人は、「もちろん大事」としつつも、「自分自身が成長することが一番大事」と語る。中盤の選手層も厚い川崎Fでレギュラーポジションに居続け、成長を続けることができれば、自ずと五輪行きを掴むことはできるだろう。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/23(日) 14:01
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ