ここから本文です

クロップ、ハーランド逃したユナイテッドを擁護「ドルトムント以外にチャンスがなかった」

2/22(土) 22:40配信

超WORLDサッカー!

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを逃したマンチェスター・ユナイテッドを擁護している。イギリス『メトロ』が伝えた。

【動画】クロップ監督、ジョーダン・ヘンダーソンの調子について言及

今冬、ザルツブルクからドルトムントへ加入したハーランド。ブンデスリーガ第18節のアウグスブルク戦で途中出場からハットトリックを成し遂げ、衝撃的なデビュー戦を飾ると、その後のリーグ戦でも2試合連続のドッペルパック。加入後、ここまでのリーグ戦5試合で8得点1アシストという驚異的な数字を残している。

また、18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦では2得点の活躍を披露し、2-1での勝利に貢献。PSGのFWネイマールやFWキリアン・ムバッペを差し置いて、一際輝きを放った。

これらの活躍に比例して高まっているのが、逃した魚が大きかったと感じるユナイテッドファンからのクラブ幹部への批判の声だ。さらに、ハーランドの代理人を務めるミノ・ライオラ氏の、「最も接触したクラブはマンチェスター・ユナイテッドだった」とのコメントが傷口に塩を刷り込む結果となっている。

しかし、24日のウェストハム戦に向けた公式会見の場でハーランドに関する質問を受けたクロップ監督は、ドルトムント以外はノーチャンスだったとの持論を展開している。

「誰もがマンチェスター・ユナイテッドが彼(ハーランド)を獲得できなかったことを非難する。しかし、我々も獲得することはできなかっただろう」

「その答えは簡単だよ。彼は出場機会を得られるトップチームを望んでいたからだ。それがドルトムントだったということだ。移籍はタイミングがものを言う」

「私がドルトムントの人たちをどれだけ愛し尊敬しているかを多くの人が理解していると思うが、彼らが完璧なアプローチをして移籍を実現させたのではなかったと思う。そこには幾つかの事情があり、9番のポジションが手薄だったということだ」

「それに19歳の若者であれば、CLでのプレーを望み、ブンデスリーガのトップ争いをしているクラブに行きたいと考えるのは普通のことだ」

「ドルトムント意外のどのチームにもチャンスはなかったよ。誰が何と言っても私はそう確信している」

ユナイテッドのセンターフォワードの選手層を考えれば、CL出場という条件以外、ハーランドの希望を叶えられそうだったとも考えられる。

ただ、辣腕代理人のライオラ氏が関わった案件ということもあり、実際の移籍の裏側には多くの“表に出せない”事情があるのかもしれない。

それでも、ドルトムントの元指揮官は今回の移籍がハーランド本人、古巣双方にとって完璧なオペレーションになったと感じているようだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/22(土) 22:40
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ