ここから本文です

【MLB】タイガースFA右腕が禁止薬物使用で80試合出場停止 マイナー3選手も処分受ける

2/22(土) 11:43配信

Full-Count

アルカンタラは昨季、46試合に登板し3勝2敗10ホールド、防御率4.85

 タイガースからFAとなっているビクター・アルカンタラ投手が禁止薬物の陽性反応で80試合の出場停止処分を受けた。AP通信が伝えている。

【動画】ストローマンが指摘した“不可解”なゴミ箱叩き アストロズがサイン盗みを行っていたとされる実際の映像

 アルカンタラは2017年にタイガースでメジャーデビュー。昨季は46試合に登板し3勝2敗10ホールド、防御率4.85の成績を残しシーズンオフにFAとなっていた。26歳の若き右腕は21日(日本時間22日)にスタノゾロールの陽性反応があり80試合の出場停止処分を受けた。

 また、マイナーリーグでもレッズ傘下のエドワード・グズマン、マリナーズ傘下のカイル・ヒル、メッツ傘下のライアン・シンの3人が禁止薬物の陽性反応により、50試合の出場停止処分を受けた。

Full-Count編集部=AP

最終更新:2/22(土) 11:46
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ