ここから本文です

広島ドラ1森下、対外試合デビューは2回2安打2失点 初回2失点も修正能力見せる

2/22(土) 13:52配信

Full-Count

初回に雄平にタイムリー二塁打などを浴び2失点もその後は無失点

■ヤクルト – 広島(オープン戦・22日・浦添)

 広島のドラフト1位ルーキー森下暢仁投手が22日、ヤクルトとのオープン戦で開幕投手を務めた。初回にいきなり2点を失ったが、その後は立ち直り2回2安打2失点の対外試合デビューとなった。

【写真】カープのユニホームを着て満面の笑みを見せる広島鈴木&愛理さんの“幸せ2ショット”の実際の写真

 注目の立ち上がり。先頭の坂口を一ゴロに打ち取ったが、続く山田哲に中前打、青木に四球を与え1死一、二塁。ここで雄平には真ん中低めのチェンジアップを弾き返されるタイムリー二塁打を浴び失点。さらにエスコバーに死球を与え満塁のピンチを背負うと塩見の二ゴロの間に2点目を失った。

 2回は先頭の中村をスライダーで空振り三振、続く西浦をカーブで三ゴロ、浜田を三ゴロと初回とは別人の投球を見せ3者凡退に抑えた。

 最終イニングとなった3回は先頭の外角高めの直球で坂口を二ゴロ、山田哲は三塁へのゴロに打ち取ったがピレラが一塁へ悪送球し1死二塁のピンチを背負う。それでも青木を一ゴロ、雄平を中飛に抑え無失点で切り抜けた。

Full-Count編集部

最終更新:2/22(土) 13:58
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ