ここから本文です

2020シーズンがまもなく開幕! J2注目の新加入選手を背番号順に紹介(24~50番)

2/22(土) 14:43配信

SOCCER KING

 2月23日(日)に2020シーズンが開幕する明治安田生命J2リーグ。注目の新加入選手を背番号順に紹介するシリーズの後編をお届けする。

 今回は背番号24から50まで、計23名(編集部注:背番号42、43、47、49は該当者なし)をピックアップ。Jリーグデビューが期待されるルーキーから、再起を図る中堅選手、さらには現役を続行するベテランまで、この1年に特別な想いを抱くプレーヤーたちが顔をそろえた。

※以下、情報はすべて2月21日時点のもの

 

24 MFロメロ・フランク

FC町田ゼルビア→アルビレックス新潟

青森山田高校OBで、2017年に新潟でプレー。3年ぶりの復帰を果たした古巣で、J1昇格を目指す。開幕戦のアウェイ・ザスパクサツ群馬戦はプロ初ゴールを決めた相性のいい場所。自らの一発で白星発進となるか。

 

25 DF安部崇士

中央大学→徳島ヴォルティス

桐光学園高校の出身で、U-23日本代表FW小川航基(磐田)や川崎フロンターレに加入する桐蔭横浜大学MFイサカ・ゼインとは同級生。中央大の先輩である渡辺剛(FC東京)のように1年目からレギュラー奪取を狙う。

 

26 DF二見宏志

清水エスパルス→V・ファーレン長崎

清水で主力だった男が長崎入り。お馴染みの“26番”を背にJ2のピッチに立つ。17日には、クラブを通じて第一子となる長男が誕生したことを発表。“パパ”となって迎える2020シーズンも素晴らしい1年になるはずだ。
 

27 FW晴山岬

帝京長岡高校→FC町田ゼルビア

帝京長岡の10番を背負い、今冬の高校選手権ではベスト4進出。U-18日本代表でもエースとして期待されるストライカーは、新生ゼルビアでプロ生活をスタートさせる。競争は激しいが、1年目から得点を量産しても不思議ではない。
 

28 DF三ッ田啓希

中央大学→松本山雅FC

大学3年までトップチームでの公式戦出場はなかったが、189cmの長身を誇り、希少価値の高い左利きのセンターバックだったことでプロ入りを果たした。昨年4月のJリーグYBCルヴァンカップ・ジュビロ磐田戦で“松本デビュー”。その後もシーズンをとおして練習に参加しており、ファンの期待値は高い。
 

1/4ページ

最終更新:2/22(土) 14:43
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事