ここから本文です

判定にも救われたゲンクが3戦ぶり勝利! 伊東純也は先発フル出場

2/22(土) 7:58配信

ゲキサカ

[2.21 ベルギー・リーグ第27節 コルトライク0-1ゲンク]

 ベルギー・リーグ第27節が21日に行われ、FW伊東純也の所属する6位ゲンクはアウェーで11位コルトライクと対戦し、1-0で勝利を収めた。伊東は12試合連続でスタメン起用され、90分間プレー。チームは3試合ぶりの白星をつかんだ。

 敵地に乗り込んだゲンクは前半43分、裏へ抜け出したコルトライクFWイロンベ・エムボヨにネットを揺らされるが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でオフサイドの判定となる。後半6分にはPA内でエムボヨを倒すも、ノーファウルでPK献上を免れた。

 すると後半13分、右サイドのDFジョン・ルクミからのクロスをファーのDFドリース・ワウテルスが左足のボレーでゴール右に叩き込み、均衡を破る。ゲンクはそのまま1-0で逃げ切り、1日の第24節シャルルロワ戦(○1-0)以来、3戦ぶりに勝ち点3を手にした。

最終更新:2/22(土) 7:58
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事